日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

合気道講習会用テキスト

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


 

の理」に集約される。
体さばきは常に中心があって,その移動による人身,転身のさばきで,相手をも捌いていく。相手の動きを自己の動きの中に導き入れ,動きは常に丸く,それは単に平面的でなく立体的な球状でなければならない。
※「人身一足」とは
人身一足は,合気道独特のもので両者相対したときに相手の加撃の線(打ち,突き,蹴り)などをはずして,それとすれちがうように相手の死角に入る動きをいう。
”まず腰から前に出る,手も足もそれに従う”
※「円転の理」とは
この体さばきは,腰を中心に自分の体が回転中の独楽のように円運動を描きながら相手をさばいていく。
※遠心力と求心力
※単独動作と相対動作
体さばきは,単独で行なっても相対動作においても,安定した重心の移動と手のさばき,足のさばきが一貫していることが大切である。
※基本体さばき動作としては,「四つの体さばき法」がある。
※相対動作
イ.片手取り(人身法,転身法,回転法)
ロ.両手取り(四方,天地,側面,後取,背伸など。)
※運動力学の原理応用(むりな力を使わずに相手を制する)
(1)テコの原理(偶力)
(2)コマの原理(遠心力と向心力)
(3)慣性の原理(反動)
(4)角運動量保存の法則

§7.基本技

(これだけはしっかりおぼえたい技)
基本技は初心者が稽古する”初歩の技”であると同時に,熟達者にとっては”極意の技”でもある。この基本技を何回となく繰り返し,納得のいくまで練磨することが大切である。

○固め技の基本技

(1)一教(腕抑え)
(2)二教(小手回し)
(3)三教(小手ひねり)
(4)四教(手首抑え)
(5)五教(腕伸し)
○投げ技の基本技
(1)入身投げ
(2)四方投げ
(3)回転投げ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
367位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
30,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.平成8年度青少年研修会実施について
2.「合気道の普及振興」の報告書
3.第5回世界相撲選手権大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から