日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

合気道講習会用テキスト

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


 

〔合気道の沿革〕

合気道とは(現代武道)植芝盛平開祖(1883〜1969)が若年の頃から幾多武術の奥義をきわめ、苦心修行の結果、創始された新しい武道であります。
合気道のおいたち
そもそも合気道は、日本国内に於て昔から伝わっている幾多武術の修行に心身を打ち込み、その奥義を極めた植芝開祖が、さらに精神的な修行にもいよいよ精進いたし、%道のあらゆる苦行の結果、そこに時代・流派を超えた新鮮な息吹と主張をもって大正年間に生れ出たものであります。第二次世界大戦後、茨城県岩間の里における修行は植芝開祖の心技をさらに一段と飛躍せしめ,88才の高齢をもって人神されるまで、かくしゃくとして道の研鑚に門弟の指導に余念がなかったのであります。
合気道の目的(円の動きと和の心)
植芝盛平開祖は,合気道について,「合気とは敵と闘い敵を破る術ではない。世界を和合させ人類を一家たらしめる道である。即ち、合気道の極意は,おのれを宇宙の動きと調和させ、おのれを宇宙そのものと一致させることにある。修行者は,このことを日常の鍛錬を通じて悟るべきである。」と云って居られました。端的に申すならば、合気の真髄は和合に通じます。植芝開祖はつねにこの和と統一の道を中心として合気を説いておられました。
合気道の特色(人間錬磨の%道)
合気道はその動くところ人身と円転の理にして、ことごとく自然の理法にかない、しかもそこには気力気魄が満ち満ちて無理のない動作、従って合気道は心身鍛錬に最も理想的なものであります。現在、本部道場をはじめ国内、外の各地道場で、学生、壮年者は申すまでもなく、子

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
367位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
30,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.平成8年度青少年研修会実施について
2.「合気道の普及振興」の報告書
3.第5回世界相撲選手権大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から