日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

災害応急対策支援システムの開発に関する調査研究

 事業名 消防科学に関する調査研究
 団体名 消防科学総合センター 注目度注目度5


 

1.4 地域防災計画策定支援システム

 

1.4.1 地域防災計画策定支援システムの概要(基本機能)

 

地域防災計画策定支援システム(以下、「策定システム」という。)は、地域防災計画を策定する際、計画策定のプロセスに応じてシステムを操作することにより、当該市町村の地域特性や基本的な策定方針等に見合う計画を策定できるようにし、このことによって、市町村の防災担当者の計画策定業務を支援することを目的として開発したものである。
そのため、策定システムにおいては、計画の目次編成や文案作成等の作業をある程度自動化し、地域防災計画のプロトタイプ(ひな型)を出力できるようにすることに加え、このようにして出力される計画のプロトタイプに対して、ある程度の自由度をもって修正・変更できるようにしておき、最終目的としての地域防災計画の策定業務を支援することを目指す。
策定システムは、1.3に示した「地域防災計画検索システム」(以下、「検索システム」という。)と関連付けつつ、これとは独立した新規のシステムとして開発する。策定システムに付加したプログラムを操作することにより、検索システムの各種データベースから取り出したデータを表示・参照しながら、データを取得し、必要に応じて修正する機能を付加した新規システムとして構築する。

 

(1) 策定業務の段階別の基本機能
システムの開発にあたっては、以下のような地域防災計画の策定業務の作業段階やプロセスをふまえた機能を持たせる必要がある。

 

・ 第1段階編成方針検討機能(計画の基本的な編成方法等の検討)
・ 第2段階目次構成検討機能(盛り込むべき計画の内容と順序等の検討)
・ 第3段階計画文案作成機能(個別計画の文案の作成)

 

策定システムの基本構成を全体的に図示すると、図1.4.1のとおりである。計画策定の各作業段階に応じて、計画策定業務を支援できるシステムとし、これを各ステップごとに段階的に運用し、最終的に新規計画の素案の作成を支援する。

 

ここで、検索システムを構成する市町村DBは計画策定の有無にかかわらず全市町村分登録済であり、新規計画の登録の度、詳細データを入力する。また、防災計画DB、目次項目要素・個別計画DB等の入力フォーマットも確定済みであり、これらのデータを補充・更新し、当該市町村のニーズに応じて検索することにより、計画編成や目次構成を検討するための判断材料を得る。
なお、個別計画DBの本文データについては、複数の典型(標準)的計画本文に関するデータを入力し、計画素案を作成するためのプロトタイプ(ひな型)とする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,811位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
4,533

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.地域防災計画のための地図情報データベースの開発に関する調査研究
2.「消防科学に関する調査研究」の報告書
3.平成8年度 防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から