日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

油津の町並みと堀川運河

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


 

第2節 住民による町づくりの方向

 

1 まちづくりに関心の薄い住人
かつて油津の地区住民による地域づくりへの参加は消極であった。例えば地域最大の地域行事である港祭りへの主体的な参加も少なく、油津漁協隆盛時代においては漁協がその企画・運営の主体であったが、地区住民や市民としての参加は区長や消防団等公に近い団体が加わる程度で皆無に近い状態であった。その港祭も漁協の経済的衰退により主導権が行政に移り全くの行政事業となってしまっている。ましてや、いわゆる地域の開発や保全等に関しては行政任せ他人任せの傾向が強く、大油津港の計画が発表された時も74年宮崎県港湾審議会で第一、第二運河と水門の埋め立てが決定された時も地域住人の反応は鈍かった。勿論、これらは彼等だけの問題ではなく行政の対応のまずさもあったであろうが。
そんな彼等も、時の流れとともに自分の住む町は自分達で考え創っていかなくてはならないのだと次第に変化し行動していくのである。そして彼等が行政・商工会議所に働きかけ、具体的行動に動き始めた時、非常にタイミング良く、この日本ナショナルトラストの話が持ち上がってきた。
以下、油津みなと商店街地区における彼等の活動の歴史を中心にレポートを続けたい。

 

2 一生会の誕生
81年宮崎県が組織する若手商工業者育成機関SSとして「一生会」が設立された。(設立後5年余りでSSは退会した。)メンバーは油津地区に住む或いはこの地区で事業を営む青年12名がメンバーである。資金は毎月各自1万円を積み立てし、それを毎月の例会運営費用。懇親会費用としている、主な目的は15年余り途絶えていた油津大綱引きを復活発展させ、油津の子供達に、十五夜の満月の下で綱を引いた思い出を残してやりたいという思いの実現であり、行政や政治から一歩距離を置いた運営方針がとられ、堀川や油津港に直接関するテーマは取り上げられていない。その事業資金は、港祭におけるビアガーデンを開催し、利益を充てている。行政に寄りかからない姿勢はこれから述べてい

 

163-1.gif

写真322 みなと地区に点在する歴史の遺産とその位置図

−「蘇れ油津港と運河のまちづくり」レポートより−

 

163-2.gif

写真323 一生会 綱引神事風景

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
388位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
25,974

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・52号)
2.自然と文化(1996・53号)
3.自然と文化(1996・54号)
4.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
5.白馬桃源郷青鬼の集落?長野県北安曇郡白馬村?
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から