日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

油津の町並みと堀川運河

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


第5節 堀川運河からの景観

 

【河川景観の特質】
油津は堀川運河とともにあった。堀川運河の建設がなければ油津地区の形成は違ったものになっていただろう。すなはち、油津は堀川が創ったといって過言ではない。
その成立に深く関わったものこそ、歴史的環境にふさわしい。ここではその景観について言及しておこう。
人間の生活や聚落の経緯に川が関わっていない例はまれである。それはおおげさに言えば命を司っていた。水はもちろん、魚やその他の食料資源であり、交通機関であり、経済活動のばであり、戦いのおりは町を守る堀となり災害時には命を守る避難場所ともなる。
社会経済的意味とは別に、川は都市にあってのオープ
ンスペースでもあって、開放感をあたえるものであり都市生活に潤いを与える重要な役割を果たしている。その心理的作用は主として景観から得られている。

 

【河川景観を構成するもの】
河川景観を構成するものはいくつか指摘できる。
第1に、川でなければならない。汚れて水の流れないものであっては意味をなさない。堀川は海水のためか比較的きれいである。しかしまだ努力の余地はある。
第2に、水と陸との接点である。水に近づけない川の魅力は半減する。水面に触れることができたほうが良い。岸辺に降りるための石段は良い。基本的には川下側に降りるということを作法として教えてくれる。護岸の石積とセットで保存するべきであろう。
また、岸辺の緑は川の姿をやわらげてくれる。

 

142-1.gif

写真309 運河の景観1

 

142-2.gif

写真310 運河の景観2

 

142-3.gif

写真311 運河の景観3

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
390位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
25,613

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・52号)
2.自然と文化(1996・53号)
3.自然と文化(1996・54号)
4.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
5.白馬桃源郷青鬼の集落?長野県北安曇郡白馬村?
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から