日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

油津の町並みと堀川運河

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


 

屋根形態では、切妻・寄棟・入母屋の3種類がある。切妻とは、大棟(屋根の頂部にある水平の棟)の両側にのみ流れをもつ屋根形式のことである。寄棟とは、大棟から四方向に葺きおろされた屋根形式のことである。入母屋とは、上部を切妻とし、下部の屋根を四方に葺きおろした屋根形式のことである。つまり、寄棟の上に切妻がのった形式である(図165)。しかし、綴葺きのように寄棟の上の切妻に軒の線がなく、一体となっている。入り方では、平入・妻入の2種類があるが、平入とは、大棟と平行な両端の側面に入口を設けた建物形式である。逆に妻入とは、大棟に直角な両端の側面に入口を設けた建物形式で、建物の側面(このことを妻という)から入ることである。つまり、棟と直角に入ることを平入、棟と平行に入ることを妻入という。
次にこのことを利用して6種類に分類し、それをさらに年代別、丁目ごとにまとめ表に示した(表6−9)。この表の分析結果より、切妻−平入・妻入、入母屋−妻入が多いものの、全体的にはバラエティーに富んでおり、時代背景から、ある時代にこういう建物形式で作られていたという明確なものはなく、同時代でもあらゆる形式の民家が建てられていたようである。
(3)主屋の間口について
民家の道路に面した正面の幅のことを間口と呼ぶ。ここでは、間口の長さの単位を間で表現している。1間(=6尺5寸=1969.5mm)で、両側の柱真々寸法を割り、間で示した(表10−13)。その結果、3間半程が最も多いことが分かった。時代ごとにみると、明治初期から基準となっている長さが3間半であるということが考えられる。また町ごとにみてみると、材木町、西町では2間〜5間以上とまちまちであるが、逆に油津3・4丁目では3〜4間というのがほとんどであり、こういった点からも、油津3・4丁目は整然とした町並みであるといえよう。油津1・2丁目は材木町、西町と同じく3間〜5間以上とまちまちであるが、5間以上の邸や敷地内の家屋が他の丁目に比べて多いということからも、立派で大きな建物が多いということが伺えよう。やはり間口の長さからも油津1・2丁目が町の中心であることが分かる。

 

表2 初木町・西町の座敷の位置

116-1.gif

表3 春日町・油津1・2丁目の座敷の位置

116-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
391位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
25,358

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・52号)
2.自然と文化(1996・53号)
3.自然と文化(1996・54号)
4.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
5.白馬桃源郷青鬼の集落?長野県北安曇郡白馬村?
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から