日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

油津の町並みと堀川運河

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


 

第3節 土木構築物(石橋・護岸・海岸)

 

【石橘】
堀川運河に唯一架かる石橋が堀川橋(別称乙姫橋)である。建造されたのが明治36年(1903)8月である。「飫肥の石工石井文吉により4年の歳月を費やして造り上げたもので、当初は欄千はなく、後年大島の通称“御影石”が取り付けられた」注1。橋脚は両岸の水面近くの岩盤の上に立ち、一重のアーチに整層の石積で築かれている。アーチのキーストーンは大きくつくられている。橋の下を船が航行できるようアーチを高くし、比較的大きい船でも行き来できる。この石造アーチ橋建造により両岸の道路も約3メートル嵩上げされ、堀川橋付近の堀川に面した家々は1階部分が道路下になり2階が道路に面するといった独特の景観を呈することになった。

105-1.gif

写真235 堀川橋

105-2.gif

写真236 堀川運河と堀川橋

105-3.gif

図162 堀川運河断面図(堀101橋下流側)

注)水面下は想像によるものです

 

【護岸】
堀川運河の護岸(石積・石段・スロープ等)を広渡川より繋がる水門から港大僑まで上流の方から詳しく見ていくことにする。
まず広渡川から水門に繋がる所に、広渡川の川岸に沿って石堰堤があり、川の流れを塞き止めている。この石堰堤をよく見ると、石積のしかたは乱積ではあるけれども、扇を逆さにした形に積まれている様子が分かる。これは飫肥城下の石垣にも見られる石積で、飫肥藩の石工の共通点として、その年代の特徴が現れていると考えられる。この石堰堤より水門側にかけて、一部石畳になっいることが確認できる。この石堰堤と石畳は、藩政時代より残っていると考えられる貴重な遺稿であり、今後の開発でも注意を払わねばならないだろう。

105-4.gif

写真237 水門近くの石堰堤

次に水門より堀川にはいると、両岸に弁甲用土場のある幅の狭い水路があり、しばらくすると川幅の広い、船の行き来できる運河に直交する。運河の北西の端は奥行き15〜20メートルくらいの凹部がある。その延長上には広大な空き地が広がり、地図上では「貯木場」とある。

105-5.gif

写真238 貯木場跡

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
388位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
25,974

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・52号)
2.自然と文化(1996・53号)
3.自然と文化(1996・54号)
4.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
5.白馬桃源郷青鬼の集落?長野県北安曇郡白馬村?
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から