日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「地方自治行政等の調査研究」の報告書

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1)地方公共団体における職員の士気高揚研修に関する調査研究
―メンタルタフネスの開発に向けて―
[1] 調査内容
a.地方公共団体の職員の士気高揚をはかる研修の現況と課題について調査した。
[2] 調査方法
a.ヒアリング調査
[3] 調査対象及び場所
a.ヒアリング調査
 職員の士気高揚向上をはかる研修への取り組みが進んでいる都道府県及び市町村。社員の士気高揚をはかる研修に取り組んでいる民間企業。
[4] 調査結果の概要
a.職員の士気高揚をはかる研修の実施を望んでいる地方公共団体は多いが、現時点において、そのノウハウ等の蓄積は必ずしも十分ではなく、実際に実施している団体は少ない。
b.士気高揚をはかる研修を実施している団体においては、着実にその成果をあげつつある。
c.今後、一層の成果をあげるための諸方策について提言をまとめた。
[5] 報告書の作成
a.部 数  A4版450部
b.配布先  都道府県、指定市、人口15万人以上の市、研究委員、地方自治体関係研究機関、自治省、地方6団体、研究協力団体
(2)地方公務員に対する研修用の事例開発
[1] 調査内容
研修用教材として新たに次の4事例の開発を行なった。
a.産業の空洞化時代における地域産業の振興
b.自然環境にやさしい地域振興
c.高齢社会における福祉施策の展開
d.自治体の国際協力の推進
研修用教材として次の2事例の更新を行った。
a.高度情報化の新たな展開
b.住民参加による文化振興とまちづくり
[2] 調査方法
a.各種文献調査
b.地方自治体等への実地調査(資料収集、ヒアリング)
[3] 調査対象及び場所
[1]の調査項目に該当する地方自治体2県、8市(区)、12町村
[4] 調査結果の概要
 地方自治体が当面している具体的な行政課題についてそれぞれ3〜4団体の施策を調査、研究、分析、整理して研修事例を開発した。
[5] 報告書の作成
a.部 数  A4版 各300部(新規4事例)
A4版 各300部(更新2事例)
b.配布先  都道府県・指定市の研修機関等
(3)地方自治に関する資料の収集、整理及び閲覧
[1] 事業の内容
地方自治に関する図書、資料等を収集、整理、保存し、これらを公開、閲覧に供した。
収集した資料の内訳は次のとおりである。
a.レファレンスブック       80部
b.図書・雑誌類         181部
c.洋書類              2部
d.団体・個人の寄贈図書・資料  984部

■事業の成果

地方公務員の研修の充実強化の方策等について研究するとともに地方自治に関する内外の図書、資料を収集、保存、整理し、これを地方自治に関する研究者等の閲覧に供したことは、地方自治の発展に大きく寄与すると思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16,060位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
87

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から