日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「「海の記念日」普及啓蒙活動」の報告書

 事業名 「海の記念日」普及啓蒙活動
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 中央開催分
[1] 海事功労者の表彰
<第54回海の記念日祝賀パーティの開催>
a. 開催日   平成6年7月20日(水)
b. 開催場所  パレスホテル(東京都千代田区)
c. 主催者   (財)日本船舶振興会
(社)日本船主協会
(社)日本造船工業会
(財)日本海事広報協会
d. 参加者数  850名
<第54回海の記念日の各被表彰者数及び副賞>
(個人)   (団体)
海上保安庁長官表彰       65件(花瓶)
各運輸局長表彰       2,214名(木盃)   15件
各管区海上保安本部長表彰   163名(木盃)   15件
[2] 海の図画・写真コンクール
a. テーマ   海に関するもの
b. 募集対象  (図画)全国中学生
(写真)全国の一般アマチュアカメラマン
c. 応募点数  (図画)4,142点
(写真)9,869点
d. 発表    (展示会)東京都庁第二本庁庁舎2階交流展示ホール
8月22日(月)〜9月2日(金)のうち10日間開催
[3] 海の記念日広報
 次の通り、各資料を製作し、配布、掲示ならびに掲載を行った。
a. 海の記念日、海の旬間ポスターの製作・掲示
(a) 規格   各B全判 4色
(b) 部数   各34,000部
(c) 掲示先  全国の関係官公署、団体、企業、船舶待合所、駅等
b. 海の記念日の告知
(a) 告知媒体 「週刊ポスト」(7月29日号)カラー、1/3ぺージ
c. テレホンカードの製作・配布
(a) 告知内容 日本丸を絵柄とした50度数のテレホンカード
(b) 製作枚数 30,000枚
(c) 配布先  全国の海の記念日、海の旬間関係イベント参加者
d. 字幕の製作・掲示
(a) 規格   大型タテ、ヨコ、中型タテ、ヨコ、小型ヨコの5種類
(b) 枚数   700枚
(c) 掲示先  全国の関係官公署、団体、企業、デパートの建物ならびに船舶等
e. 広報資料(パンフレット)の製作・配布
(a) 規格   A4判、16ぺージ、カラー4色
(b) 部数   55,000部
(c) 配布先  全国の海の記念日、海の旬間関係イベント参加者
f. ビニールバッグの製作・配布
(a) 規格   世界の海に生息する生物分布を絵柄としたビニール製バッグ
(49cm×37cm)
(b) 個数   33,000枚
(c) 配布先  全国の海の記念日、海の旬間関係イベント参加者
[4] 海の祭典
(a) 実施日   平成6年7月21日(木)〜23日(土)
(b) 実施場所  大阪国際交流センターならびに大阪府立大学
(c) 内容    シンポジウム3会場を設営して、第9回海の祭典の円滑な運営を図った。

(2) 地方開催分
[1] 海事功労者の表彰
 7月20日 各地方海事広報協会所在地において次の通り第54回海の記念日祝賀パーティを開催した。
(参加者数)
北海道  小樽港湾合同庁舎      250名
東北   ホテルグランドパレス塩釜  250名
新潟   ミナミプラザホテル     250名
関東   横浜東急ホテル       300名
東京   船の科学館         240名
中部   名古屋港湾会館       645名
近畿   大阪ロイヤルホテル    1,200名
神戸   オリエンタルホテル     800名
中国   広島八丁堀シャンテ     220名
四国   リーガホテルゼスト高松   200名
九州   市立門司文化センター    250名
沖縄   那覇東急ホテル       400名
[2] 海の図画コンクール
 7月中旬〜8月上旬各地方海事広報協会毎に6月末に審査会を実施して、入選作品を決定すると共に、展示会を次の通り開催した。
北海道  7月22日〜7月26日  小樽郵便局ギャラリー
東北   7月22日〜7月31日  藤崎デパート
新潟   7月29日〜8月 4日  新潟県立自然科学館
関東   7月23日〜7月30日  横浜マリタイム・ミュージアム
東京   7月31日〜8月 7日  船の科学館
中部   7月25日〜7月31日  名古屋ポートビル
近畿   7月17日〜7月31日  天保山ハーバービレッジ
神戸   7月19日〜7月25日  そごう神戸店
中国   7月23日〜7月28日  広島ダイイチ本店
四国   7月25日〜7月29日  香川県庁ギャラリー
九州   7月26日〜8月 1日  小倉玉屋デパート
沖縄   7月27日〜8月 1日  沖縄山形屋デパート
[3] 海の記念日広報
 7月16日〜20日 海の記念日、海の旬間等の告知を各地方海事広報協会所在地の有力新聞に次の通り掲載した。
(掲載日)  (掲載紙)
北海道  7月20日  北海タイムス
東北   7月19日  河北新報
新潟   7月16日  新潟日報
関東   7月20日  神奈川新聞
東京   7月18日  東京新聞
中部   7月20日  中日新聞
近畿   7月17日  産経新聞
神戸   7月20日  神戸新聞
中国   7月20日  毎日新聞
四国   7月20日  四国新聞
九州   7月20日  毎日新聞
沖縄   7月20日  沖縄タイムズ
[4] 海の記念日パレード
 7月上旬〜下旬 海の記念日、海の旬間を周知するためのパレードを各地方海事広報協会所在地の海洋少年団、ボーイスカウト、中・高校生等により次の通り実施した。
(参加者)
北海道  7月17日  小樽市内    120名
東北   7月17日  塩釜市内    205名
新潟   7月17日  新潟市内    406名
関東   7月 3日  横浜市内    350名
東京   7月24日  東京湾     229名
中部   7月20日  名古屋港周辺  490名
近畿   7月17日  大阪港周辺  1,000名
神戸   7月16日  神戸市内    670名
中国   7月17日  広島市内    105名
四国   7月17日  高松市内    400名
九州   7月16日  佐世保市内   150名
沖縄   7月17日  那覇市内    230名
■事業の成果

海事産業の重要性を国民に周知し、わが国の発展に寄与するためには国民全般の海事に対する関心と知識を深めることが必要である。特に7月20日の海の記念日、ならびに7月20日から31日までの海の旬間を中心に、全国規模で各種イベントを実施すると共に、各種資料の配布等を本事業により実施したことで海事知識の普及が図られたと共に、一般国民の海に対する親しみと関心を一層喚起させることに役立ったものと思料される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,953位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
205

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.「海上保安資料館の建築」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から