日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「笑いの文化づくり」の報告書

 事業名 笑いの文化づくり
 団体名 日本喜劇人協会 注目度注目度1


■事業の内容

日頃笑いの芸能文化に親しむ機会の少ない、又笑いの環境を作れない一般社会の人達、心身障害児者、交通遺児達の参加によって笑いの文化づくり事業を開催した。協会員と参加者(心身障害児者、交通遺児、一般の人達)のふれあい、協会員による芝居、歌等により、心身障害児者、交通遺児と一般の人達が共に笑い、共に楽しみ、共に参加し、笑いの芸能文化活動をもって社会福祉に活用し、笑いの文化、笑いの環境を与えると共に一般社会の人達と、心身障害児者、交通遺児との交流を深めた。
(1) 第16回笑いの文化づくり事業
[1] 日時   平成6年9月28日 14:00、17:00
[2] 場所   富山市公会堂
[3] 出演者  渥美二郎、由利徹、鶴田さやか、他30名
[4] 参加者  約2,300名
(2) 第17回笑いの文化づくり事業
[1] 日時   平成6年9月29日 14:00、17:00
[2] 場所   福井フェニックスプラザ
[3] 出演者  渥美二郎、由利徹、鶴田さやか、他30名
[4] 参加者  約2,400名
(3) 第18回笑いの文化づくり事業
[1] 日時   平成6年11月20日 14:00
[2] 場所   金沢市観光会館
[3] 出演者  松方弘樹、由利徹、鶴田さやか、他30名
[4] 参加者  約2,000名

■事業の成果

人間社会が高度に発達し、多様化した現代において、社会全体に「心の豊かさ」を求める状況は一段と増し、芸能文化に期待されるものも大きくなっている。そんな中、笑いの文化づくり事業は、日常生活に追われ、笑いの芸能文化に親しむ機会の少ない一般の人達が、本事業に積極的に参加する事によって、日常生活では得にくい素晴らしい感動を得、自らの情操を養うと共に、心の豊かさや、うるおいを取り戻す事が出来たと言っても過言ではない。
 また、日頃なかなか笑いの環境を作ることの出来ない、さらにそのような場が有っても自ら参加する事をためらっていた心身障害児者、交通遺児達が今までになかった規模の本事業に自ら勇気を持って参加した事によって、一生忘れがたい感動を受け、それぞれの人生に奥行きや輝きを得たと思われる。
 そして、この事業開催の場で、今まで同じ地域に住みながら交流のなかった三者がより強い絆を持つ事が出来た事は、真に生き甲斐と活力のある地域社会を作る手助けが出来たと思われる。
 本事業の成果が各地域によって認識され始め、事業開催の要望が全国各地で強く要請されている事も見逃せない。
 又、この成果が各方面で日本の芸能文化の振興、普及、向上に役立っていると確信している。
 本事業が終った後も、この事業によって作られたその地域のふれあいの輪が大きく広がっていく事を期待するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,727位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
100

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「水産学に関する国際会議の開催」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から