日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「健康教育の啓蒙普及並びに調査研究」の報告書

 事業名 健康教育の啓蒙普及並びに調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 展示貸出資料の整備
[1] 整備内容
a. 健康教育図書    47部
b. 展示用パネル    1組
c. 教育用ビデオ  6組24巻
d. ビデオ生テープ   30本(医療番組録音等)
e. 録音テープ    170本(セミナー等記録)
f. 8ミリ生テープ    26本
[2]整備場所  健康教育サービスセンター
(2) 教育用パンフレットの作成
[1] 名称  生活医学シリーズ
[2] 規格  A4判・3ツ折・オフセット2色
[3] 部数  5種類・各14,000
(3) 教育用小冊子の作成
[1] 名称  ライフサイエンスシリーズ
[2] 規格  A5判・オフセット・表紙2色
[3] 部数  5種類・各940部
(4) 定期刊行物の刊行
[1] 名称    教育医療
[2] 規格    A4判変形
[3] 発行回数  10回 各3,200部
[4] 内容    病気の予防・健康管理に関するもの
(5) セミナー・講習会の開催
(セミナー)
[1] 開催場所  山梨、長野、京都、富山、神奈川、島根
[2] 開催回数  6回
[3] 参加入数  2,095人
[4] 内容    健康管理の知識・医療に関する新しい知識と技術の普及
(講習会)
[1] 開催場所  健康教育サービスセンター・LPC健康教育センター
[2] 講座名
a. 家庭看護講座(ホームヘルパー2級)
d. 家庭看護講座(ホームヘルパー3級)
c. その他10講座
[3] 回数及び参加者数
延 347回  6,147名
(6) 海外における健康教育・医学・看護教育の実状調査
[1] 調査場所  英国(ロンドン、オックスフォード)
[2] 調査期間  5月8日〜15日(8日間)
[3] 調査員   日野原重明(当財団理事長)、岡安大仁(当財団理事)
[4] 調査内容  医師・看護婦の臨床教育・ターミナル・ケアの実情とホスピス経営の実際
■事業の成果

教育的医療の研究・実践の場として設置された健康教育サービスセンターを中心に、教育活動を推進し、その目的のための機器・資料の整備、教材の作成を行うと共に、海外の健康教育の実情調査を実施した。また、他機関・施設との提携による全国主要都市における講演会・講習会を通じ、健康教育運動の普及に務めた。本事業の先駆的な健康教育活動は、日本における医療・福祉・健康教育の啓蒙・普及に大きく寄与したものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,836位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
108

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「保健・医療におけるボランティアの育成指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から