日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「高速海上輸送に関する国際会議の開催」の報告書

 事業名 高速海上輸送に関する国際会議の開催
 団体名 日本船舶海洋工学会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 本会議の開催
 開催場所:パシフィク横浜にて3会場を使用
 開催時期:12月13日(月)〜16日(木)
 参加者 :国内 251名  海外 211名  計 462名
(参加国数:22)
(2)招待講演者の招へい
・ノルウェー  マリンテック
ホールデン博士
・ドイツ    ベルリン工科大学
クルッパー教授
・中国     中国船舶・海洋工程設計研究所
ユン・リアン教授
・ロシア    セント・ペテルスブルグ大学
ロデストベンスキー教授
の4氏を招へいした。
(3) 論文集の刊行
 第1巻・第2巻  論文数:136編 34セッションに細分
頁数 :1,697
部数 : 500
(4) 組織委員会、実行委員会の開催
 組織委員会2回、実行委員会3回、幹事会11回を開催し、本会議の企画、計画の承認、財務決算の承認等をおこなった。
■事業の成果

我国では、今までの海上輸送、航空輸送、陸上輸送(トラック輸送)の3者がカバー仕切れないニーズに答え、物流体系に大きなインパクトを与え、海上輸送の高度化と造船業の活性化を図るための切り札として、テクノスーパーライナーの研究開発が大型国家プロジェクトとして推進されてきているが、テクノスーパーライナーに限らず、高速海上輸送に対するニーズは極めて高い。
 こうした状況の下に、高速海上輸送機器の設計および運用技術の向上に寄与するとともに、高速海上輸送に関する情報交換、国際協力の場を提供する高速海上輸送に関する国際会議を開催。
 こうした状況の下に、高速海上輸送に関する情報交換、国際協力の場を提供する高速海上輸送に関する国際会議を開催したことにより、高速海上輸送機器の設計および運用技術の向上に寄与するものと思料される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,639位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
112

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「造船技術に関する国際会議出席」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から