日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「造船技術研究開発課題並びに研究成果の調査」の報告書

 事業名 造船技術研究開発課題並びに研究成果の調査
 団体名 日本造船研究協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 造船技術開発の総合的計画の企画・調整(課題の調査)
[1] 主要研究開発機関の開発計画の調査
a. 平成5年度研究開発実施計画調書の作成配布
(a) 名称   「造船技術研究開発実施計画調書(平成5年度)」
(b) 内容   国立研究機関、大学および民間団体43機関につき調査し、当該計画のある39機関の研究開発実施計画を収録した調書を作成配布した。
(c) 体裁   A4判 105頁 450部
(d) 配布先  関係官庁、大学、団体等
[2] 開発計画の企画と調整
a. 平成6年度以降開発課題調書の作成配布
(a) 名称   「造船技術開発課題調書(平成6年度以降)」
(b) 内容   企画調整委員会および同委員会の各部会において平成6年度以降に開発を要すべき技術開発課題について開発内容、所要経費、年度計画等に関して審議を行い、開発課題調書を作成配布した。
(c) 体裁   A4判 21頁 400部
(d) 配布先  関係官庁、大学、団体等

(2) 造船技術開発の追跡調査(成果の調査)
[1] 研究開発内容の調査
a. 研究開発課題集の作成配布
(a) 名称    「造船技術研究開発課題集 No.25」
(b) 編集方針  ○ 国内技術文献より収録する。
○ 研究および開発に関する論文報告を主とし、解説・展望等の重要と思われるものも含める。
(c) 内容
 平成4年度を中心として公表(刊行)された93誌を調査し、うち75誌から1,809課題を収録し、追跡評価委員会および同委員会の各部会の審議を経て、課題内容により部門別に分類し、発表誌名、実施機関、著者、公表年月日等を記載した課題集No.25を作成して広く関係方面に配布した。
 なお、部門別の課題数は次のとおりである。
 部門    課題数
流力部門    455
構造溶接部門  340
機関部門    348
設計艤装部門  321
海洋部門    345
 合計    1,809
(d) 体裁   B5判 107頁 500部
(e) 配布先  関係官庁、大学、団体等
[2] 研究開発成果の追跡評価
a. 平成5年度追跡評価書の作成
(a) 追跡評価の対象
 追跡評価委員会および同委員会の各部会において審議を行い、平成4年度までにその成果が発表(刊行)された日本船舶振興会補助金等により民間研究団体が実施した研究開発のうちから対象課題を選定した。
(b) 遺跡評価担当者
 1課題につき2名とし、対象課題の研究担当者以外の専門の権威者を選定の上依頼し、追跡評価書(平成5年度)を作成した。
(c) 部門別課題数および評価担当者数
 部門     課題件数  担当者数
流力部門      3     6
構造溶接部門    1     2
設計艤装部門    1     2
海洋部門      1     2
 計        6     12
(d) 体裁   B5判 6冊分 計44頁 各100部
(e) 配布先  出資者、研究開発実施者、追跡評価担当者および追跡評価委員会関係委員等
b. 企画へのフィードバック
 追跡評価の結果、各課題について、指摘された問題点とその対策のうち、今後の企画にフィードバックすべき緊急度等について追跡評価委員会および同委員会の関係部会において審議し、必要に応じて企画調整委員長および研究開発実施者等に提示して、企画にフィードバックした。
■事業の成果

わが国の造船技術研究開発を行う各公的研究機関は、各々独自で計画を企画して実施することが多く、研究開発の重複や重要な脱落を生ずる場合も少なくないことから、技術開発の総合的計画の企画と調整を行うことにより造船技術水準の一層の向上を図るために、主要研究開発機関の当年度の実施計画を調査し、調書を作成し、また、今後開発を要すべき技術開発の諸課題について開発内容、所要経費等に関する調書を作成し、関係方面へ周知することにより、所期の目的である総合的開発計画が合理的効率的に推進されることに大きく寄与するものと思料される。
 さらに、研究開発が一応の終了を見ても、その内容、効果等が周知されてないままとなっているものや、また、その目的が十分達成されない段階で打ち切られているものも少なくない。このため前年度までに国内技術誌に公表された論文等について調査し、課題名を収録し、課題集として刊行配布し、また、終了した研究開発のうちから選定した対象課題について各専門の権威者による追跡評価を実施して、問題点とその対策を明らかにし、必要に応じて企画にフィードバックすることにより、今後の研究開発の企画への反映に大きく寄与するものと思料される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,603位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
72

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「実船計測による横部材の荷重・応力計算法の検証」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から