日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 委員会の開催
[1] 常用危険物検討部会
 委員構成  学識経験者2名及び関係業界実務者14名
[2] IMO対応作業部会
 委員構成  学識経験者1名及び関係業界実務者4名
[3] アンケート作業部会
 委員構成  学識経験者1名及び関係業界実務者5名
(2) アンケート調査
 船舶の種類、用途、航行区域、トン数別に180隻の船舶を選定しアンケート調査を行った。調査項目は常用危険物の品名、搭載量、搭載場所、容器等とし、これらについて質問したアンケート調査票を作成のうえ業界団体経由で対象船舶に配布した。
(3) 実地調査
 アンケート調査の結果に基づき、代表的な船舶を選定し横浜、川崎、東京、北九州、函館及び神戸の各港において備え付け状況を実地調査した。
(4) 解析
 上記調査結果を基に、常用危険物の搭載状況を解析し報告書を作成した。
■事業の成果

危険物船舶運送及び貯蔵規則に定められている常用危険物は、同規則制定時に取り入れられたものである。近年における船舶の構造設備、貨物の運送形態の変革は著しく、さらにIMDGコード等国際的な危険物運送規則の改正も頻繁に行われている。このような状況を踏まえて、今日の船舶における常用危険物の備え付けの実態をアンケート調査及び実地調査により把握し解析した。本調査により得られた結果は、常用危険物のより安全な取り扱いの検討、ひいては船舶及び乗組員の安全に寄与するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
9,495位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
183

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「第11回危険物国際シンポジウムの開催」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から