日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海底観測ステーションシステムの研究開発」の報告書

 事業名 海底観測ステーションシステムの研究開発
 団体名 日本水路協会  


■事業の内容

(1) 精密距離測定装置の改造・試作及び整備
 信号ケーブルの片端をROVで取り扱えるよう水中着脱コネクタに交換、データ収録部、電源部を交換可能な構造に改造、リチウム電池による電源部の設計製作を行い、自動計測ソフトを受信信号の最大値以外も有効なデータとして収録できるようにしたほか、距離測定をフルスケールで行える粗計測モードの繰り返しを任意の指定間隔で行えるよう改良、また計測データの伝送時間を短縮するためA/Dコンバータを受信機から受信処理部に移設した。
 また、雑音軽減対策で受信部から前置増幅器を取り外した。回収用ロープキャニスタを製作、システム全体を起動するためのマグネットスイッチ、作動確認用のストロボ等を送信部に取り付けた。ケーブルドラムの製作、架台への取り付け工事を行った。
(2) 地殻上下変動観測装置の改造・試作及び製作
 圧力検出部を差圧式として完成させ、加圧試験により圧力対出力周波数の特性を測定し、所要の性能が得られることを確認した。実海域の水深に合わせた調整用重錘を製作した。データ収録部電源部及び自動計測ソフトを完成させた。さらに1台の装置を製作した。
(3) 架台・耐圧容器の試作
 装置に合わせ、金属フレーム構造の架台及びガラス耐圧球を加工した耐圧容器を試作した。
(4) 実海域実験
 平成4年11月16〜20日相模湾内の予定海域に、海上保安庁水路部所属の測量船「天洋」及び別事業の無人潜水艇マーカス2500、支援船「富土山丸」と共同で、海底観測ステーションシステムの各装置を海底に設置した。
[1] 精密距離測定装置は、「天洋」からワイヤー及びロープにより吊り下げて設置した。設置後ROVにより作動させデータ取得及び回収を予定していたが、受信部を発見することができず別途送信部の回収のみを行った。
 平成5年2月14〜16日別途手配による作業船で、相模湾内相模海丘の水深約450mにおいて追加実験を行い、水平距離データを取得した。取得データの回数は計12回であった。そのうち11回は工場における試験データがそのまま残っていたものであり、最後の1回では距離換算1,179.151mを得た。しかし、信号ケーブル長が800mであることから、装置が傾いていて海面反射による結果ではないかと判断される。
[2] 地殻上下変動観測装置
 2式のうち1式は、設置準備中に深度調整用の重錘の吊り下げボルトが破損したため実験を断念した。他の1式はワイヤー及びロープにより吊り下げ設置した。2日間後回収し点検したところ、同様に深度調整用の重錘の吊り下げボルトが破損しており、海底での上下動データを取得することができなかった。
 平成5年2月23〜26日「天洋」により、相模湾内の伊東沖の水深約520mで追加実験を行い、2式のうち1式で約24時間計278回の上下変動データを取得した。
 データを検討した結果、最初は正常であったがロープに引かれて次第に傾き、最後に転倒したものと判断される。他の1式は海底で転倒した模様であってデータは取得できなかった。
■事業の成果

本年度の地殻上下変動観測装置2式の試作完了と精密距離測定装置の改造により、海底観測ステーションシステムの全装置が完成した。
 これらの装置を用いた相模湾における実海域実験及び追加実験によりシステムの評価を実施した結果、何れも短期間であるが海底での水平距離及び上下変動の計測データを取得することができ、今後、本システムを長期間使用することは海底観測の発展に大きく寄与するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,745位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
146

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「海洋調査船の合理化に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から