日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) ばら積み化学薬品の危険性の評価と基準の検討
 現行のばら積み化学薬品に関する危険性評価基準により具体的な評価基準とするため、本年度は未確立基準7項目のうち下記3項目について実施した。
[1] 蒸気の吸入によりアレルギー性反応を起こすことがわかっており、これが深刻かつ長期にわたる影響を及ぼすようなもの。
[2] 長時間にわたり、蒸気に対し断続的に曝露すると、軽度から重度の障害を発生させるようなもの。
[3] 皮膚に対する感光剤となるような液であり、深刻かつ長期にわたる影響を及ぼすようなもの。
 [1]及び[3]の2基準は、医学的に考えるとその発生部位が呼吸器系であるか皮膚であるかという差はあるものの、発生機序は免疫学的な反応であるという点で共通しているので、試験研究は以下のとおり同時に論じた。
a. アレルギー性評価基準
 感作性物質に関する評価基準の考え方を、個々の感作性物質データが充実してくれば感作成立頻度又は感作成立濃度による基準を採用することが妥当であるが、当面は感作性の有無による基準によって評価することとした。
b. 蒸気への曝露に対する評価基準
 ばら積み運送の実態を考慮すると、蒸気曝露危険性を示す数値レベルによって分類し、分類毎の対応の方法を決定することが適当であるが、真に危険性の高い物質については「時期-濃度-反応」の3次元の関係についての危険物評価をする必要がある。このため、シランを試薬として動物実験を行った。実験の結果、死亡に関しては「10,000ppm30分」は危険ではないというデータが得られ、このことはシランの有する爆発危険性と短時間高濃度曝露における健康影響のバランスを考える上で非常に有益な実験結果であるといえる。
■事業の成果

液体化学薬品のばら積み運送時に船舶乗組員等の関係者が短時間・高濃度の蒸気曝露による健康障害について、その危険性評価をする際には「時間-濃度-反応」関係曲線(閾値曲線)に基づき判断する方が、既存の参照値等によるより優れていることが判った。
 しかしながら、個々の物質毎にデータを収集することは非常に困難な作業であるので、今後は運送量の実態などの因子から優先順位を設定し、この閾値曲線を求めて行く努力が望まれる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,860位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
138

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から