日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海事思想普及用資料配布」の報告書

 事業名 海事思想普及用資料配布
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 海事情報周知広報
[1] 名称   海上の友
[2] 仕様   タブロイド判 8〜12頁 活版印刷 1色刷
[3] 数量   4,000部×31回
[4] 内容   主として海事産業界の動きや海事に関する諸情報を広く収載。
[5] 配布先  国会議員、関係官庁、教育委員会、図書館、報道関係、造船・水産関係、海事施設、海事団体、有識者等
(2) 「マリンレジャー基礎情報」の作成・配布
[1] 題名   「海を安全に楽しむために」
[2] 仕様   A6判 16ぺージ オフセット印刷 4色刷
[3] 数量   100,000部
[4] 内容   海難事故の現状やヨット、モーターボートなどマリンレジャーを安全に楽しむための基礎知識を紹介し、併せて日本各地の海中公園や水族館、海事関係博物館、遊覧船・クルーズ等を紹介。
[5] 配布先  各地方海事広報協会を通じて各種行事で一般に配布。
(3) 「海事パンフレット」の作成・配布
[1] 題名   「ボクの新発見・自動車は船でやって来る」
[2] 仕様   A5判 16ぺージ オフセット印刷 4色刷
[3] 数量   39,000部
[4] 内容   自動車をひとつの材料として海上輸送の重要性について、いろいろな角度からわかりやすく解説。
[5] 配布先  各地方海事広報協会を通じ、全国の小学校等に配布。
■事業の成果

わが国は四面環海の海洋国でありながら、一般国民の海事に関する認識は浅く、マスコミでもようやく海事関係の事項をとりあげるようになったとはいえ、センセーショナルな面だけが、クローズアップされる傾向が強い。そういう状況にあって、本事業は、正しい海事の情報、資料を整理・作成し、有識者層、報道関係に送付するほか、行事、催事等の機会あるごとに参加者、関係者に配布して周知徹底を図ることにより海事思想の普及に寄与するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16,231位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
52

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.「日本海運振興のための広報」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から