日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「無人潜水艇による海底調査手法に関する調査研究」の報告書

 事業名 無人潜水艇による海底調査手法に関する調査研究
 団体名 日本水路協会  


■事業の内容

(1) 調査・実験方法の検討
 無人潜本艇の性能、運用条件等を調査し、海底地質・地質調査及び海底調査機器の設置・捜索・回収のための調査実験方法の検討と海底位置測定方法の検討を行った。
 調査実験は次のように決定された。
時期     平成元年9月18日〜22日
海域     相模湾
無人潜水艇  「MARCAS2500」(KDD所有)
使用機器   TVカメラ、スチルカメラ、ステレオTVカメラ、堆積物採集用コアサンブラ/マニピューレータ、底質の固さ測定用コーンベネトロメータ
(2) 模擬海底測器と模擬位置測定機の製作及び改良
 ROV「MARCAS2500」による海底調査及び実験に使用する模擬海底測器の検討・製作、ROVの位置測定用トランスポンダの検討改良を行った。
(3) 海底調査及び実験
[1] ROVを使用して相模湾水深1,100〜1,500m海域において地形・地質等の調査を行い、ビデオ・写真撮影を行った。
[2] 同海域において、模擬海底測器の設置・捜索・回収のための基礎的実験及び海底位置測定資料を収集した。
[3] 模擬海底測器の回収実験は約3時間弱の捜索にもかかわらず発見することができず、日没及び海上模様悪化の懸念があったため回収を断念した。このため、模擬海底測器に付属していたフロート、フラッシャ、トランスポンダなどの食器材も回収することができなかった。
(4) 調査・実験データの解析
 海底調査及び実験で取得したデータを解析し、海底調査手法・模擬海底測器の設置・捜索・回収方法等の検討、取りまとめを行った。
■事業の成果

無人潜水艇は深海(1,000〜1,500m)における海底調査能力および海底観測機器の設置、運用、回収能力の現状を明らかにし、海底調査および海底観測機器の設置、捜索、回収のために必要な海底位置測定、画像マッピング、マニピュレータ操作等について基礎的な調査実験を行った。
 この結果、無人潜水艇による海底調査は有効な手段であることが分かり、観測機器の設置や付帯的操作についても初歩的な手がかりを得ることができた。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7,096位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
366

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「ヨット・モータボート用参考図の作成」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から