日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「水路業務における人工知能利用に関する研究」の報告書

 事業名 水路業務における人工知能利用に関する研究
 団体名 日本水路協会  


■事業の内容

(1) 原型システムの設計
[1] システムの使用条件の設定
 使用するコンピュータの種類と構成やデータの入出力方法及び操作手順等を検討した。
[2] 推論方式の決定
 専門家から黒潮流型分類の判定基準等について聴取した。
[3] 知識集合の詳細決定
 専門家から黒潮流型の特徴及び海洋速報作成手順等について解説を受けた。
(2) 原型システムの作成と実験
[1] 黒潮流軸データの作成
 昭和50年以降の海洋速報からテスト用の黒潮流軸データを作成した。
[2] ルールに基づく黒潮流型の分類実験
 黒潮流型の分類テストを実施し、文献の流型分類結果との相違について検討し、ルールの不備な点や黒潮流軸データの問題点を抽出した。
[3] 黒潮流軸データの修正及びルールの整備
 上記の問題点を踏まえ、黒潮流軸データの修正及びルールの追加・修正を行った。
[4] 原型システムの作成
 パーソナル・コンピュータで稼働するシステムを構築した。
[5] 原型システムに基づく流型分類実験
 [3]の成果に基づき、黒潮流型の分類テストを実施した商の分類テストに比べ良好な結果が得られた。
(3) 原型システムの評価
 原型システムの稼働結果は良好であった。
 原型システムの今後の課題を検討するとともに水路業務における実用的なエキスパートシステムを展開するために必要な諸条件について検討した。
■事業の成果

流軸の位置を与えて流型を分類し、過去の類似型が検索できるので、それらを参照することにより、今後の流型の変化傾向を把握するのに極めて有用なものである。
 また、本事業では海流推測図作成の支援用としての原型システムの開発を行ったが、これをさらに拡張して本格的な海流推測図作成エキスパートシステムの開発も可能であり、エキスパートシステムを水路業務に実用展開するための糸口をつかむことができた意義は大きく、船舶の経済運航及び海難防止に寄与するところが大きい。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,685位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
148

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「無人潜水艇による海底調査手法に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から