日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「ヨット・モータボート用参考図の作成」の報告書

 事業名 ヨット・モータボート用参考図の作成
 団体名 日本水路協会  


■事業の内容

北九州海域を3図に分ける基本案に基づき、操艇専門家と打合せ会を開催し、各回の包含区域、縮尺、図域内容について意見を聴取し、図の編集大綱を決定した。
 これらの諸要素に基づき、3図に関する海域の水路図誌及び関係資料について、海上保安庁及び地方自治体から貸与を受け、編集計画の資料とした。又、地域の特性を把握するため、博多及び小倉地区において打合せ会を開き、図載内容等について意見を聴取し、さらに検討のうえ採用資料を決定した。
 一方、目標物、障害物、岸線等で確認を要するものについては、現地調査を実施した。
 これらにより、各回の編集計画図を作成し、製図原図を調製のうえ印刷刊行した。
(1) 現地調査
[1] 調査項目
 各図図載の港湾・漁港の入港方法、避泊方法、著目標等ならびにマリーナ施設の現状を調査し、対景写真を撮影した。
[2] 調査場所、期間及び人員
a. 北九州海域その1(関門港-倉良瀬戸)
門司、小倉    10月5日〜8日
芦屋、小倉    10月5日〜8日
b. 北九州海域その2(倉良瀬戸-福岡湾)
博多       8月9日〜12日
c. 北九州海域その3(唐津湾-壱岐島)
加布里、唐津   9月19日〜21日
郷ノ浦、印通寺  9月20日〜22日
[3] 調査内容
 入港、避泊時のコースの選定、障害物、漁具漁網標識の形態・位置・設置期間・魚種、目標物の特徴、対景写真の作成、漁船操業の実態、マリーナの位置等
(2) ヨット・モータボート用参考図の作成配布
[1] 図名
a. 関門港-倉良瀬戸
b. 倉長瀬戸-福岡港
c. 唐津湾-壱岐島
[2] 規格
B3判、表・裏両面多色印刷、両面防水加工(表面マット加工、裏面ビニール加工)
[3] 部数
各300枚 3図 計900枚
[4] 配布先
海上保安庁関係、海事関係団体、関係官公庁、地方自治体、関係ヨット連盟、公共マリーナ、関係マリーナ会社等
■事業の成果

この参考図は、ヨット・モータボートの操艇に必要な目標、浅礁、障害物、定置漁具等の情報を分かり易く、しかも詳細に記載し、狭い艇内でも使い易く、小型で防水加工を施したものである。
 その対象は北九州海域を3図に分け、裏面には各々の主要海域の対景写真、対景図を記載して表面との関係をつけ、実景との対照に便利なようにしてある。
 各艇がこれらの図を備えつけ、的確な操艇を行うことにより、海難防止に寄与することがきわめて多いと考えられる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,090位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
166

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「音響による海底地質判別装置の研究開発」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から