日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「地域振興方策における旅客船事業の役割についての調査研究」の報告書

 事業名 地域振興方策における旅客船事業の役割についての調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


■事業の内容

(1) 河川における旅客船事業の現状と課題
 河川における旅客船事業について、既存資料及びヒアリング調査により国内外の先進事例を収集整理するとともに、近畿地区の事業者の抱えている課題及び今後の取組みについて把握した。
(2) 近畿圏における海浜・河川の整備計画の把握
 近畿圏の各地方公共団体へのヒアリング調査を実施し、海浜・河川の整備計画、ウォーターフロント開発構想計画及び関連する交通計画を収集整理し、将来の水上輸送需要の発生要因について把握した。
(3) 河川旅客船事業に対する旅客ニーズの把握
 河川旅客船航路3航路の利用者3,000名(非利用者を含む)を対象にアンケート調査を実施し、河川旅客船の利用実態と輸送サービスに対する旅客ニーズの変化動向について把握した。
(4) 河川旅客船事業の課題と今後のあり方
 上記(1)〜(3)の調査結果により、河川旅客船事業の現状と利用者ニーズの変化動向を踏まえた上で、河川旅客船事業の課題と今後のあり方について検討した。
 また、近畿地区の河川の輸送需要の発生要因を踏まえ、新航路の可能性について検討するとともに、河川旅客船事業が地域振興に果たす役割について検討した。
(5) 調査のまとめ、報告書の作成
 以上の調査結果に基づき委員会で検討の上、報告書を作成した。
■事業の成果

本調査結果では、河川旅客船を利用者の行動タイプや地域のニーズに応じて4つのタイプに類型化するとともに、その形態ごとに近畿地区で考えられる新しい河川旅客船コースを提案した。
 ここで提案した旅客船コースは、解決すべき課題はあるものの、今後の地域開発プロジェクト構想と連携することにより実現の可能性が高まるものと思われ、ひいては、それが地域振興方策の一つとして役立つものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,234位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
77

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「近畿地区における運送取扱業の現状と将来展望に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から