日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「合気道の普及振興」の報告書

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


■事業の内容

A. 合気道演武大会の開催
 (第25回全日本合気道演武大会)
(1) 日時    昭和62年5月16日
(2) 場所    東京、日本武道館
(3) 後援    文部省、東京都他
(4) 出場者数  3000名
(5) 師範者数  全国28名
(6) 内容    合気道基本技、応用技、護身、武器技、模範演武
(7) 参観者   約12,000名
B. 合気道講習会の開催
(1) 関東学生合気道連盟講習会
1) 日時   昭和63年2月25日〜2月26日
2) 場所   勝浦市、日本武道館研修センター
3) 参加者  85名
4) 講師   関 昭二  金沢 威
(2) 中、四国学生合気道連盟講習会
1) 日時   昭和63年3月1日〜3月2日
2) 場所   高知市、高知県立武道館
3) 参加者  50名
4) 講師   遠藤征四郎  小林幸光
(3) 中部学生合気道連盟講習会
1) 日時   昭和63年3月3日〜3月4日
2) 場所   伊勢市、浦之橋道場
3) 参加者  26名
4) 講師   宮本鶴蔵  栗林孝典
(4) 関西学生合気道連盟講習会
1) 日時   昭和63年3月4日〜3月5日
2) 場所   大阪市、大阪修道館
3) 参加者  44名
4) 講師   増田誠寿郎  堀井悦二
C. 合気道巡回指導
(1) 国内巡回指導
 国内の各支部道場、大学合気道部等に本部より講師を派遣し巡回指導を行った。
派遣回数   119回
派遣人員数  132名
(2) 海外巡回指導
1) 北米地域
ア.昭和62年7月3日〜7月14日の間、夏期講習会講師として、横田愛明師範を米国西海岸地区(ロスアンゼルス、サンフランシスコ、サンヂェゴ)に派遣し、巡回指導を行なった。
イ. 昭和62年7月31日〜8月10日の間、夏期合宿のための講師として、植芝守央本部道場長を米国東部地区(ボストン市)に派遣し、巡回指導を行なった。
2) ヨーロッパ地域
 昭和62年10月7日〜10月21日の間、合気道講習会講師として植芝守央本部道場長をフランス(パリ)、ベルギー(ブラッセル)に派遣し、巡回指導を行なった。
3) オセアニア地域
 昭和62年11月24日〜12月5日の間、夏期合宿指導のため、本部指導員大沢勇人をニュージーランドに派遣し、巡回指導を行なった。
4) 東南アジア地域
 昭和63年2月1日〜2月16日の間、奥村繁信師範、堀井悦二指導員を東南アジア6ヶ国(フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ、ホンコン)に派遣し、巡回指導を行なった。
D. 合気道資料の作成
(1) 資料名  「合気道のしおり」
(2) 規格   B5版 26頁
(3) 部数   3,000部
(4) 内容   合気道の概説
(5) 配布先  全国各支部道場、大学合気道部等に配布し、合気道の普及振興のために役立てた。
■事業の成果

近年わが国は経済的に成長を遂げた反面、道義に対する無関心が大きな社会問題となっていることにかんがみ、特に青少年に対し、合気道の普及、指導を強化することにより、健全な人間の育成と体力の向上に寄与することを目的として、全日本合気道演武大会、講習会、巡回指導の実施、資料の作成、配布を実施した結果、合気道普及、振興に大きく寄与した。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7,838位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
366

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.「合気道の普及振興」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から