日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「地域旅客航空の導入の可能性に関する調査研究」の報告書

 事業名 地域旅客航空の導入の可能性に関する調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


■事業の内容

(1) 地域旅客航空の現況調査
 地域旅客航空の現況について、主に既往資料によりその導入の背景、運航事例、運航形態、使用機材、経済性等からみた特徴、地域整備等に及ぼす影響等の視点からまとめた。
(2) 地域旅客航空導入が社会経済にもたらす効果の検討
 近畿2府6県各自治体における地域旅客航空導入構想の有無及びその内容、期待される地域開発、福祉効果、社会経済に及ぼす影響等についてアンケート並びにヒアリングにより調査してまとめた。
(3) 地域旅客航空の地域交通体系上の位置づけに関する調査
 (2)の調査をもとに委員会で選定した4つのモデル路線について、航空路線及び公共交通に関する手段特性を把握し、当該路線が開設された場合における鉄道、船舶等に及ぼす影響、また関西国際空港アクセス施設計画に与える影響等について、定性的検討を行った。
(4) 地域旅客航空の導入に関する事例研究
 上記により選定した4路線について、既往の需要予測モデルによる将来需要予測を行い、就航機材、路線距離等の想定のもとに運航採算を検討した。
(5) 地域旅客航空の導入の可能性及び問題点
 さらに、(4)を受けて対象とした4路線のうち、成立可能性のある路線について、地域経済並びに地域交通体系への影響及び採算性の視点から、その可能性及び問題点を検討した。
(6) 調査のまとめ
 近畿地方において、地域旅客航空を導入する場合の問題点及び課題を整理し、地域旅客交通体系のあり方についてまとめた。
(7) 報告書
A4判
配布先:運輸省、地方公共団体、関係団体他
■事業の成果

近年、近畿地方において、地域開発と経済の活性化を図るための方策として、コミューターの導入を計画する自治体が多い。
 今回の調査は、地域旅客交通体系形成の一環としてコミューターに関する内外の先進事例を調査するとともに、地域開発計画の中での位置づけを行い、また、大阪を基点とした4路線について需要予測、採算性等のケーススタディを行ってその可能性について検討し、問題点等を整理したもので、今後、計画されるコミューター事業に対する有益なデータとして活用が期待される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13,725位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
87

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.「ニーズ高度化時代の旅客船事業のあり方に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から