日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「保健・医療におけるボランティアの育成指導」の報告書

 事業名 保健・医療におけるボランティアの育成指導
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


■事業の内容

イ ボランティア思想の普及活動
 PRパンフレット、機関誌を活用してボランティアの広報活動及び活動状況を紹介するとともに講演会を開催した。
[1] 講演会
場所   東京(3回)
期間   10/19、12/11、2/5
参加者  延338名
内容   ○ ボランティアと自己開発
○ 日本の福祉活動における現在のボランティアの参与と将来への展望
○ イギリスと北欧における老人ケアとターミナル・ケアの実情
○ 健康づくりとボランティア活動
ロ ボランティアの教育
ヘルスボランティア養成講座を春期、秋期に分け2回実施した。
○ 春期  4月19日〜 7月26日  延274人
○ 秋期  9月17日〜11月26日  延226人
ハ ボランティア活動の相談指導
個別相談 延15件
ニ 海外研修調査
[1] 調査場所  英国、スウェーデン、ノルウェー
[2] 調査期間  12日間(10/27〜11/7)
[3] 派遣員   1名
[4] 調査内容  ○ 病院、老人施設、ホスピス、訪問看護における看護ケアシステム
○ ホスピスチームにおけるボランティアの役割
○ ボランティアの養成教育プログラム
ホ ボランティア活動状況調査
今年度ヘルスボランティア養成講座終了者の動向について調査
調査対象者  延48名
■事業の成果

真の医療は単に医師又は看護婦による医療だけでなしに患者の訴えをよく聞き、患者を慰め、力づけてやる家人や友人の治療援助が必要であるが、現在の日本の医療システムでは医師・看護婦共に多忙のため患者のニードがみたされておらず、もっと患者の側にたった医療がなされるべきである。先進国ではこの問題を見事にボランティア-活動で解決している現状であり、我が国にもこのシステムを導入して、医療のレベルを高めることが望ましい。本事業により医療看護のボランティア-を養成して、患者や家族のニードに応える運動を展開することにより、日本の医療に寄与するところ大なるものがある。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,727位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
197

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.「国際セミナー・ワークショップの開催」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から