日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海洋資料探索システムの研究」の報告書

 事業名 海洋資料探索システムの研究
 団体名 日本水路協会  


■事業の内容

(1) 検索システムプログラムの研究
[1] システムの詳細設計
 資料検索には所要のデータの入力を必要とするが、手法としてバッチ(一括)処理とオンライン処理に大別され、それぞれに必要なプログラムの体系、相互関連の詳細を設計した。
[2] プログラムの試作
 [1]の詳細設計を受けて、電子計算機のハードウェアの作動、端末機器からの入、出力に関し所要のプログラムを作成した。
a. 資料登録用データシートおよび登録プログラムの作成。
b. 資料検索プログラムの作成。
 端末機器N5200/05のC.R.Tの画面上のやりとりでホストコンピュータACOS-S650のディスクに収納された所要データの検索を可能とした。
c. aに関連して登録資料の更新を行うプログラムを作成した。

(2) システム総合試験
 検索システムの成果により電子計算機ACOS-S650および端末機器N5200/05を作動させ所要の検索システムが完成したことを確認した。
■事業の成果

海洋資料の提供は、従来海洋資料の所在を知る熟練者により、きめ細かな提供が行われていたが、個人の記憶には限度があり、即時提供の障害となっていた。
 本事業は、本方式の特色として、初心者でも短時日の習練により、システムの運用が可能であることで、担当者の移動による支障を来すことなく、海洋情報の即時提供が可能となり、海難防止に資することが極めて大である。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13,881位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
113

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「ヨット・モータボート用参考図の作成」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から