日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「型式承認物件の取扱要領等の評価に関する調査研究」の報告書

 事業名 型式承認物件の取扱要領等の評価に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


■事業の内容

航海計器と航海用具に関する評価の調査とその解析
[1] 航海用レーダ関係
a. アンケート対象者  国際航海就航船220隻及び国内船の680隻の船舶乗組員等(回答427名)
b. 調査項目
(a) 回答船舶の種類
(b) 回答者の職務等
(c) 航海用レーダーの種類
(d) 航海用レーダーの使用状況
(e) 航海用レーダーの保守、整備
(f) 航海用レーダーの性能及び構成品
(g) 航海用レーダーの構造
(h) 航海用レーダーの型式承認等
(i) 航海用レーダーに関する要望
[2] せん火灯関係
a. アンケート対象者  国際航海就航船300隻及び国内船500隻の船舶乗組員等(回答265名)
b. 調査項目
(a) せん光灯の種類
(b) 回答者の職務等
(c) 回答船舶の種類
(d) せん光灯の性能
(e) せん光灯の設置条件
(f) せん光灯の影響
(g) せん光灯の型式承認
(h) せん光灯の保守
(i) せん光灯に関する要望
■事業の成果

航海用レーダー及びせん光灯のアンケート調査による使用者側の評価要望(設問は前者77項目、後者36項目)を集計した結果、製造時の問題点、船舶に装備する上での問題点、船上における性能維持上の問題点が把握できたこと、さらに解析として、航海用レーダーの設問77項目のうち所要の項目を組合せた53項目についての集計と、せん光灯の設問36項目のうち所要の項目を組合せた44項目についての集計の結果から、航海用レーダー及びせん光灯に関して、製造者には品質について、装備工事者には、船上における装備について、また船舶乗組員には船上における性能維持について、今後の改善指針の策定には大いに寄与するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11,256位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「膨張式救命いかだの整備情報等の集中管理に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から