日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「中型船設計工作の電算プログラム化の調査研究」の報告書

 事業名 中型船設計工作の電算プログラム化の調査研究
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


■事業の内容

[1] 設計工作プログラムの開発研究
a. グレーン(アントリミング)スタビリティプログラム
 簡易船型による(一層甲板船)のIMO RES.A264及び我国国内規則の改正に伴うGRAIN(UNTRIMING)STABILITYの初期計算プログラムを作成した。
b. 船体運動性能プログラム
 船体を2次元ストリップの連続体として波浪中(縦波規則波中及び横波規則波中)における船体の3次元の運動性能を計算するプログラムを作成した。
c. 本委員会
 グレーン(アントリミング)スタビリティプログラム委員会及び船体運動性能プログラム委員会それぞれの総合計画、検討、進捗状態の調整、成果の確認をし、また、常石地区において地方委員会を開催し、それぞれのプログラムについて現場技術者との意見の交換及び相互確認をした。
[2] 技術指導書の作成
 昭和55年度より3ケ年で開発した初期計算プログラム、ルール計算プログラム、プロペラ設計プログラムの3種類のプログラムの研究成果を、中型造船所の設計工作の担当技術者のための技術指導書として、インプット及びアウトプットの具体例と使用上の注意事項をとりまとめ印刷・配布した。
a. 初期計画諸計算プログラム編
(a) 規格  オフセットA4版 211頁
(b) 部数  200部
b. ルール計算プログラム編
(a) 規格  オフセットA4版 207頁
(b) 部数  200部
c. プロペラ設計プログラム編
(a) 規格  オフセットA4版
(b) 部数  200部
d. 配布先  会員造船所、関係官庁、関係団体、委員会委員等
■事業の成果

SOLAS改正、及びIMO勧告等にともない逐次条約、並びに規則が改正され、又近年の燃料費の高騰に対処するため、高経済船の建造が強く要請されている。加えて近隣諸国の造船技術の進展はめざましいものがある。これらの状況に対応するためますます、中型船の設計工作は高度の技術を要求されることになったが、技術陣容の乏しい中型造船所にとって最も有効な対策は電算機の導入であり、このため本事業では設計条件が複雑な中小型船に適応した設計、工作のための電算プログラムの開発を行うため、本年度は一層甲板で単艙口を有する船型についてグレーン(アントリミング)スタビリティーの初期計算プログラム及び船体を2次元ストリップの連続体として波浪中(縦波規則中及び横波規則波中)における船体の3次元の運動性能を計算するプログラムを作成したもので、グレーン(アトリミング)スタビリティプログラムは昭和59年度に、船体運動性プログラムは昭和60年度にそれぞれ完成する予定であるが、いずれのプログラムも、本年度の成果部分についても単独で活用出来るものであり、中小型造船所の設計工作の合理化、技術の向上に大きく貢献するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11,307位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
128

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「高経済性中型船の船型等に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から