日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「波浪中の特殊船舶(油回収船)の運動性能等に関する調査研究」の報告書

 事業名 波浪中の特殊船舶(油回収船)の運動性能等に関する調査研究
 団体名 日本造船研究協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 油回収船模型による耐航性能試験
[1] 模型:「すずなみ」木製模型(双胴型)長さ約2.7m、巾0.9m、縮率1/7.48(油回収装置固定式)
[2] 使用水槽:角水槽、回流水槽
[3] 実験条件
a. 角水槽 :出港状態での出会角、波長およびプロペラ回転数と規則波(2条件)との変化組合せ132ケース。
b. 回流水槽:平水中での風向と風速の変化組合せ39ケース。
[4] 計測・観察項目
a. 角水槽 :角度(縦揺、横揺、船首揺)
加速度(前後揺、左右揺、上下揺、船首上下揺)
波長、波高、プロペラ回転数、船速、実験状況のビデオ撮映。
b. 回流水槽:角度(横揺)
加速度(上下揺、船首尾上下揺)
風圧抵抗、実験状況のビデオ撮映
(2) 油回収船模型による操縦性能試験
[1] 模型:「すずなみ」木製模型([1]の模型)
「ちよなみ」木製模型(双胴型)
長さ約2.7m、巾約1m、縮率1/1.74(油回収装置上下式)
[2] 使用水槽:角水槽
[3] 試験種類:旋回試験、逆スパイラル試験、Z試験。
[4] 試験条件:「すずなみ」模型船の出港状態における船速と舵角の変化組合せ、60ケース
「ちよなみ」模型船の油回収装置を上げた状態及び下げた状態での船速と舵角の組合せ、102ケース。
[5] 計測・観察項目
a. 旋回試験:舵角、回頭角、回頭角速度、模型船航跡および速度
b. 逆スパイラル試験:舵角、回頭角速度、模型船速度
c. Z試験  :舵角、回頭角、回頭角速度、模型船速度

■事業の成果

油回収船はL/Bが小さく、上部構造部が船全体に比べ大きく、双胴またはセミ双胴型が多い。流出油事故が発生すると法律にもとづき回収作業に出動するが、現状では安全性に関する規程が十分完備していない。特に荒天時には二次災害発生の恐れもある。このような事業を背景として昨年度から4カ年計画で荒天時の安全運航確保を狙って研究が開始された。
 本事業は、昨年度整備、製作した計測システム(設備)により現在活動中の油回収船の中から、油回収装置固定式、同上下式の2隻について模型船を製作して風の中の耐抗性の試験および旋回試験、逆スパイラル試験、Z試験等の試験を行い、波浪中の動揺特性、加速度の変化状況および諸操縦性の特性を把握した。これらの成果は今後のこの種船舶を設計する際の基礎資料となり、また運航上の制約を規定する根拠となることが期待できる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,178位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
163

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.「造船技術開発に関する調査」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から