日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「中型船造船業の原価計算機械化及び指導書作成」の報告書

 事業名 中型船造船業の原価計算機械化及び指導書作成
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


■事業の内容

イ. 原価計算システム開発調査研究
 工数集計、鋼材管理、一般資材及び外注、経理システムの各プログラムを作成が完了し57年度は、個別システムから出される情報をもとに複数システムの総合化を研究して、各システム相互間の関係を調整した。
研究項目
[1] 各システム間のコード確認及び修正
[2] 各システム相互関連情報の出力の具体化
(1) 船別工事番号別損益明細表
(2) 直接材科費明細表
(3) 直接経費明細表
(4) 直接労務費集計表
[3] 原価計算システムの体系図の作成
(1) 品名コード一覧
(2) 直接労務費の勘定科目コード
(3) 直接経費の    〃
(4) 製造間接費の   〃
(5) 販売・一般管理費の 〃
ロ. 指導書の作成
[1] 中型船造船業税務指導書
規格  B5判、オフセット印刷 196頁
部数  100部
内容  ○ 同族会社の判定
○ 交際費の課税方法
○ 税法で認められる圧縮記帳
○ 特定資産買換の特例
○ 特別償却制度の種類
[2] 中型船造船業経営分析指導書
規格  B5判 オフセット印刷 186頁
部数  100部
内容  ○ 造船不況と経営分析
○ 資金分析
○ 収益性の分析
○ 原価分析
○ 付加価値生産性の分析
○ 損益分岐点分析
○ 設備投資の分析
■事業の成果

中型造船業においては、事務の機械化が遅れており、その大部分を人力に頼っており、コスト面に大きなマイナスをもたらしている。
 本事業は、一般資材管理システム、経理システムのコーディングリストを作成したもので、これを利用することにより、迅速且つ正確な原価計算に大きく寄与するとともに、今後の経営の合理化及び近代化に寄与するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6,729位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
378

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「中型造船業並びに関連業種協調型構造改善」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から