日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「整備認定事業場の品質管理向上のための調査指導」の報告書

 事業名 整備認定事業場の品質管理向上のための調査指導
 団体名 日本船舶品質管理協会  


■事業の内容

(1) いかだ及び降下式乗込装置整備事業場の調査・指導
[1] 対象事業場  96
[2] 調査内容   a. 作業場の整備・整理状況
b. 部品置場、倉庫の整理状況
c. 図書、書類の整備管理、記入状況
d. 整備用器具の管理状況
e. 計器、試験用機器の較正状況
[3] 指導内容   a. 記録用紙の使用状況
b. コンテナの外観検査
c. 格納状況の点検
d. 展張時の点検
e. 天幕の点検
f. ガス充気装置の点検
g. 格納袋及び艤装品の点検
h. 膨張状態の点検・試験
i. ガス充気装置の組立、取付作業
j. いかだの折たたみ、格納作業
k. 自動離脱装置の点検試験
(2) SOS発信器整備事業場の調査・指導
[1] 対象事業場  96
[2] 調査内容   a. シールドルームの管理、保守状況
b. 周波数測定器の較正状況
c. オシロコープ等の整備状況
d. 図書・書類の整備、管理、記入状況
[3] 整備技術の指導
a. 外部点検、収納袋の点検
b. アンテナの点検
c. 接地装置の点検
d. 防水、パッキンの点検
e. シールドルーム内の準備状況、使用状況等
f. 計測器類の取扱
g. ダミーの操作方法
h. バッテリーの電圧測定方法
i. 送信出力及び送信速度の測定方法
j. 整備記録の作成方法
■事業の成果

整備認定(証明)事業場は、直接人命の安全にかかわる重要法定船用品の整備を行い、その結果の確認について、国の検査を代行するため、常に法的要件の確保、整備技術の維持向上を図る必要がある。
 本事業は日昇丸の事故以降の整備事業場における整備上の不具合発生問題に緊急に対処するため、全事業場について現地調査を行うと共に管理面及び技術面の指導を行ったもので、この結果、管理上の問題点の改善及び整備技術の向上に寄与したところが大きい。
 また、近々認定事業場に移行する降下式乗込装置及びSOS発信器の整備事業場については、法的要件等の事前現地指導により、その移行が円滑に行われるものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,176位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
148

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「認定事業場の監督者のための品質管理講習」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から