日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「船舶工学用語集の編集」の報告書

 事業名 船舶工学用語集の編集
 団体名 日本船舶海洋工学会 注目度注目度5


■事業の内容

(社)日本造船学会に「船舶工学用語集編集委員会」を設置し、幹事会及び専門分野別7分科会(試験水槽委員会、造船設計委員会、船体構造委員会・溶接研究委員会、鋼船工作法委員会、艤装研究委員会、海洋工学委員会、システム技術委員会)により実施した。
[1] 昭和30年刊行文部省編「学術用語集・船舶工学編」を基として全収録語の見直しを行い学問分野の進展に伴う新語を追加すると共に、死語、不要語を、削除整理した。
[2] 全体としての用語を約12,000語と想定し、56年度は約8,000語について検討を行った。
[3] 改訂作業の合理化、将来のメンテナンスの便を図るため漢字処理システムにより用語の漢字データファイルを作成した。
■事業の成果

本事業は、昭和30年に文部省編「学術用語集、船舶工学編」が刊行され、わが国造船技術の進歩発展に貢献して来たが25年経過した今日海洋工学、システム技術等の新分野も加わり、又従来の船舶工学の分野も急速な進歩をとげたため、既に高い水準にあるわが国造船技術を更に向上させるためには既刊の学術用語集では不充分であることから、船舶用語の改訂を行ない、将来当該専門分野の学術用語集の刊行を行うための基礎資科となるものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,424位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
1,605

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「船舶等の復原性に関する国際会議の開催準備」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から