日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「合気道の普及振興」の報告書

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 合気道演武大会
[1] 第19回全日本合気道演武大会
a 場所    東京
b 期間    1日間
c 参加者   約2,000名
d 内容    基本技・応用技・護身・武器技・模範演武
(2) 合気道講習会
a 場所    東京、大阪、伊勢、千葉、福岡、高松
b 期間    各2日間
c 参加者   332名
d 内容    合気道の理論および実技
(3) 合気道巡回指導
[1] 国内巡回指導
a 巡回地区  全国各支部道場および大学 111個所
b 期間    1回平均2日
c 内容    昇段位審査、けい古指導、合気道理論等
d 巡回員   本部指導員 延126名
[2] 海外巡回指導
a 巡回地区  北米、ヨーロッパ、東南アジア地域
b 期間    1地区15日間平均
c 内容    演式会、講演会、けい古指導、親善交流、昇段位審査
d 巡回員   本部指導員 延5名
(4) 合気道資料の作成
[1] 資料名    「合気道のしおり」
[2] 規格     B5版 2色刷り
[3] 部数     3,000部
[4] 内容     合気道の概略
[5] 配布先    全国合気道道場、大学合気道部他

■事業の成果

合気道の修業は日常において地味ではあるが、全日本合気道演武大会の開催により、平素着実につみあげた稽古の成果をひろく内外に公開し、合気道の真価の顕現につとめるとともに、合気道講習会を通じ学生層に正しい合気道の理論と実技を理解体得させる一方、さらに全国支部道場、各大学合気道部等を対象に国内巡回指導ならびに海外各支部の海外巡回指導を行なうなどきめ細かい「合気道の普及振興」につとめ、それぞれ所期の成果を収めた。
 また、合気道資料「合気道のしおり」を作成し、関係方面に配布し合気道の普及振興に大きく





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16,097位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
82

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.「合気道の普及振興」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から