日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「舶用燃料油の低質化に対する機関,機器の調査研究」の報告書

 事業名 舶用燃料油の低質化に対する機関,機器の調査研究
 団体名 日本舶用工業会  


■事業の内容

(1) 移送ポンプの実験
[1] 高粘度油吸入性能に関する実験計画案を審議し、決定した。
[2] 吸入性能、吐出量、所要動力等に対する高粘度油の影響を調査・解析し、とりまとめた。
実験委託先:大晃機械工業
(2) 実船実験
[1] 高粘度油使用による実船実験実施の準備のため、実験方案を検討し、とりまとめた。
[2] 高粘度油使用による機関・機器の仕様、燃料油系統図等を検討し、とりまとめた。
(3) 実態調査
[1] 低質油による障害例の実態調査表を審議し、決定した。
[2] 障害例の調査及び障害油の性状分析を行った。
[3] 調査・分析の結果をとりまとめた。
調査分析委託先:日本船主協会
(4) 燃焼実験
[1] 低質油の燃焼に関する実験計画案を審議し、決定した。
[2] 連続燃焼器及び実験用機関により、底質油の性状が燃焼に及ぼす影響を調査・解析しとりまとめた。
実験委託先:船舶技術研究所
(委員会      4回
分科会・幹事会  17回)
■事業の成果

船舶用燃料油は世界の石油事情を反映して、今後ますます低質化の傾向にあり、機関及びこれに関連する機器は、その対応がせまられている。
 そこで、本事業において、[1]高粘度油に対する移送ポンプの吸収性能、ポンプ所要動力等に関する実験を行い、今後の移送ポンプの適正な選定、計画に必要なデータをえた、[2]高粘度油使用に当り、現在までの各機関・機器製造者の実績、経験等から、適正な機関室の設計仕様及び機関・機器の取り扱いの指針をまとめた、[3]燃料油に起因する障害状況及び障害油の性状調査・解析により現時点で考えられる対応策をまとめた、[4]低質燃料油の燃焼実験を行い、燃料油の性状、成分による燃焼特性が把握され、燃焼による障害の対策資料をえた。
 以上の研究成果により、舶用機関及び関連機器は、新造船舶及び就航船舶の運航に支障を生じないよう保守、信頼性の確保、改善等の諸対策が講ぜられるものと期待され、船舶の安全な運航に寄与できるものと確信する。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,441位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
233

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.「造船関連工業における省エネルギー促進に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から