日本財団 図書館資料庵
日本財団
ざいだん模様 日本財団三十年の歩み 日本財団四十年の歩み 日本財団五十年の歩み(別ウィンドウで開きます) 定款・規程 情報公開(別ウィンドウで開きます) 事業報告書 写真室 アーカイブ
 
Top日本財団三十年の歩み 年表>年表詳細
昭和56年 1981年
本会関連事項 一般社会事項
6.12  イラン大地震災害援助
6.15  モーターボート競走事業広報センター発足(連合会・東京都競走会・大阪府競走会・B&G財団・振興会)
6.18  モーターボート競走法制定30周年記念式典挙行。本年を「競艇元年」と命名
6.27  海外協力援助業務規程および海外協力援助専門委員会規程を制定施行
6.27  組織変更(定員66名)
広報課に周知啓発係を加える。4部1室9課16係
7.20  中国集中豪雨災害援助
10.−  笹川良一会長、マルタ騎士章最高会議よりアメリカ・マルタ騎士章受章
12.−  笹川良一会長、ザンビアより最高功労勲章受章

1.−  笹川良一会長、ブラジルより南十字星勲章(コメンダドール)受章
3.13  トンガ王国サイクロン災害援助
3.23  北海道浦河沖大地震災害援助

[この年度]
補助事業
造船関係補助(1)造船・造船関連企業の多角化および近代産業化の促進、(2)新技術開発研究および高付加価値船舶建造技術の向上、(3)国際協調の促進、を重点項目として取り上げた
福祉施設に家族・地域の方々と積極的に交流が図れるよう地域交流施設の付設ができるよう基準化
国際障害者年に関わる事業に補助を実施
1号交付金関係補助実績154件
2号交付金関係補助実績443件
周知事業
テレビ番組提供「まんが水戸黄門」(57年まで)「ピアノふおる亭」「まんがことわぎ辞典」
ラジオ放送番組提供開始
屋外広告「電光表示板」開始(平成元年まで)
モーターボート競走関係
モーターボート競走の売上が初めて下降。以降、59年までつづく。
競走会会長会議開催。競艇元年を機に、今後の業務を積極的に推進(9.22)
B&G特別協賛競走期限(57.3.31)
自民党税制調査会、ギャンブル税見送る(12.17)
「ファン拡大推進委員会」の第1回委員会開催(57.3.31)
4.−  独占禁止法に基づく主要34社の造船不況カルテル(第2次延長)認可(56.4〜57.3)
5.24  政府・地元関係五者会談、原子力船むつの母港をむつ市関根浜に建設することで合意
7.6  (社)日本造船工業会に造船技術超近代化特別委員会発足、生産技術の近代化、将来船舶の検討に着手
8.14  経済企画庁、経済白書「日本経済の創造的活力を求めて」発表
10.19  福井謙一、ノーベル化学賞受賞
11.24  厚生省、厚生白書「国際障害者年『完全参加と平等』をめざして」発表
12.11  南極観測船「しらせ」(1万1,600トン、最大速力19ノット)進水式

3.23  東京金取引所開設

[昭和56年]
*夜間延長保育等についての検討が行われる
*死因、がんが昭和26年以来1位の脳卒中を抜く(57年がん死17万97人で死者総数の24%)
*経済成長率実質3.2%、名目6.1%

 

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
 
The Nippon Foundation