日本財団 図書館資料庵
日本財団
ざいだん模様 日本財団三十年の歩み 日本財団四十年の歩み 日本財団五十年の歩み(別ウィンドウで開きます) 定款・規程 情報公開(別ウィンドウで開きます) 事業報告書 写真室 アーカイブ
 
Top日本財団三十年の歩み 本史>本史詳細
(昭和55年度〜59年度)
第6節 組織の動向
国際業務課、周知啓発係を設置 
海外関係業務の増大などに伴い、組織体制を整備強化するために、昭和55年12月18日総務部に国際業務課を加え、これに国際業務係をおき、秘書係を秘書課に昇格してこれに秘書係をおき、4部1室9課15係とし、これに係わる定員を増員して64名とし、業務の円滑なる運営を図った。
さらに、56年6月27日には、広報業務の増大に伴い、広報課に従来の広報係のほかに周知啓発係を新たに設け、4部1室9課16係とし、これに係わる定員を増員して66名とし、広報体制の強化を図った。
また57年4月1日には監査室を監査部に改称して5部9課16係とした。
なお、昭和58年9月17日、田坂理事長が急逝され、昭和59年3月12日篠田雄次郎理事が理事長に就任した。
篠田雄次郎 理事長
昭和54年12月25日、本会理事として就任。束京電力(株)顧問、上智大学社会経済研究所教授を兼任。田坂理事長急逝により、昭和59年3月12日、理事長に就任。
平成元年2月27日、一身上の都合により理事長を辞任。
なお、同氏は平成4年3月25日逝去された。葬儀は同年4月15日、東京カテドラル聖マリア大聖堂において営まれ、笹川良一会長をはじめ多くの関係者が参列し、しめやかに執り行われた。

 
 
The Nippon Foundation