日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶の電気装備に関する技術指導等の実施 (実施中)

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 2022年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥12,100,000
助成金額: ¥9,680,000
事業内容 1.講習
初級講習(船舶電装士):100名、中級講習(主任船舶電装士):50名、上級講習(船舶電装管理者):10名、航海用レーダー等講習(航海用レーダー整備士):50名、航海用無線設備講習(航海用無線設備整備士):50名 合計260名
2.検定試験と学習コーナー
講習を修了した者を対象に全国7ヶ所で検定試験を実施。受験予定者260名。
各試験の前日に、受験予定者が学習内容や疑問点について指導を受ける場を設ける。
3.資格更新研修
強電(船舶電装士、主任船舶電装士、船舶電装管理者)296名、弱電(航海用レーダー整備士、航海用無線設備整備士)283名。
4.船舶電気技術情報の整備(技術刊行物の改訂)
船舶電気装備工事に携わる技術者が業務で必要とする工事指針や工事要領を整理した冊子を作成し、船舶電装業に携わる事業者の国等の船舶検査制度への理解を促進する。
5.安全衛生特別教育
法令で定められているフルハーネス型墜落制止用器具に関する特別教育を全国3地区(北海道1、関東1、中国1)で実施するほか、低圧電気取扱業務特別教育も会員のニーズに応じて実施する。
目標60名
6.ブロック会議及び技術者研修会
全国10地区(北海道、東北、関東、新潟、北陸、中部、近畿、中国、四国、九州)で実施する。
7.事業場の指導及び調査
船舶検査の合理化に貢献する特定のサービス・ステーション制度拡充のための事業場調査を実施する。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。