日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

「第三の居場所」における「ライフスキル教育プログラム」研修実施・モデル事例創出、及び普及活動基盤の拡充 (実施中)

団体名 青少年育成支援フォーラム
団体名ふりがな せいしょうねんいくせいしえんふぉーらむ
年度 2020年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,330,000
助成金額: ¥9,060,000
事業内容 1.「第三の居場所」における「ライフスキル教育プログラム」研修実施及びモデル事例創出
(1)場所:全国8ヵ所(最大)
(2)参加者:「第三の居場所」運営スタッフ及び利用児童
(3)内容:プログラム導入スタッフ研修、実施サポート、フォローアップスタッフ研修の実施により、「第三の居場所」運営団体による「ライフスキル教育プログラム」の導入と実践を支援する
2.「ライフスキル教育プログラム」普及活動基盤の拡充
(1) ライオンズクエスト認定講師の養成
a.対象者:ライオンズクエスト認定講師候補者(5名)
b.内容:ライオンズクエスト指導者研修(ワークショップ)の専門講師(認定講師)を養成する。今年度は、講師候補者5名の内、4名の養成課程修了を計画する。
(2)「スキル学習指導案集」(仮題)の開発
a.内容:プログラム教材等を基に民間学童施設等での実施を念頭においた指導者向け教材を開発する。第4巻まで制作する。
(3)「ライフスキル実践記録集」(仮題)の開発
a.内容:プログラムの導入の流れや実践方法を具体的に分かり易く紹介し、「第三の居場所」拠点での実施記録(研修や子どもへの指導)を纏めた資料「居場所ライフスキル実践記録集(仮題)」を作成する。
(4)「ライフスキル教育プログラム」のオンライン・ワークショップ
a.内容:初めて受講する人向けのオンライン・ワークショップの試行開催1回(2021年6月以降開催)と既に受講したことのある人向けのフォローアップ/スキルアップの為のオンライン・ワークショップの試行開催1回(2021年9月以降開催)、上記のワークショップの為の資料制作(製作期間は2021年4〜9月)を実施する。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。