日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

「聞き書き」と海洋教育の普及・実践 (実施中)

団体名 共存の森ネットワーク
団体名ふりがな きょうぞんのもりねっとわーく
年度 2020年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,630,000
助成金額: ¥8,500,000
事業内容 1.高校生による「聞き書き」と地域活動の展開支援
日程:5月に参加高校生を募集。全国約200名の応募のうち、16名の高校生が「海の名人」への聞き書きを実施する予定。高校生は、8月に都内で実施する研修を経て、現地を訪問し、「聞き書き」の実践を行う。その成果は作品集(冊子)にまとめるとともに、3月に都内で成果発表会を開催する。
実施場所:北海道十勝地域(浦幌町・広尾町)、青森県八戸市、大阪府阪南市、岡山県備前市、長崎県大村市の予定。

2.「聞き書き」の手法を活用した海洋教育の普及
(1)小・中学校における実践
「聞き書き甲子園」の実施に協力する自治体の小中学校(1〜2校)において、「聞き書き」の手法を活用した海洋教育のサポートを行い、実践につなげる。
(2)Webサイトを通じた情報発信
東京書籍のWebサイト「Edu Town あしたね」に本年度、「海の豊かさ」をテーマとしたページを増設し、水族館学芸員、水産試験場職員、深海潜水調査(ジャムスティック)、NPO・NGOの仕事(エコツアーの実施、海ゴミ対策に取り組む等)を紹介。SDGs(海の豊かさを守る)をテーマとしたコラムや「海の仕事人」を派遣した小中学校の授業の様子を掲載し、年度末までに公開する。
また、サイトを活用した授業の参考例として、「海の仕事人」を派遣し、授業に至るまでの経緯、Webを活用した事前学習や当日の授業の様子を掲載。海洋教育に積極的に取り組みたい学校は、海洋パイオニアスクールプログラムが活用できることも併せて紹介する。
成果物  
備考