日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

東日本大震災被災地にて子どもと海をつなぎ“安心安全”を学ぶ海のサマースクール(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:12,908位 (19,390事業中)
成果物アクセス数:11
更新日 : 2020年3月21日

注目度とは?

団体名 根浜MIND
団体名ふりがな ねばままいんど
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,000,000
助成金額: ¥16,000,000
事業内容 釜石市民及び若い世代を対象に、海、海の安全、海洋汚染の現状に対する意識の向上を目指し、以下の事業を実施した。

1.「AP海のサマースクール」
(1)時期:2019年8月19日-24日(5泊6日)※12月21日(土)報告会実施
(2)場所:釜石市根浜海岸 岩手県立陸中海岸青少年の家
(3)参加者:日本中から集められた高校生26人とプログラムをサポートする大学生9人
(4)内容:高校生は1日毎に違うトピックを学んだ(海の安全、海洋環境、航行技術、漁業、自然環境、森の学校、グリーンエネルギー)。大学生は8月16日から25日まで釜石市に宿泊し、プログラムのサポートと各トピックの専門家とともに高校生を教えた。

2.「APシースカウト」
(1)時期:7月31日、8月1日、2日、5日、6日、7日、8日、9日、13日、14日、15日、16日(計12セッション)
(2)場所:釜石市根浜海岸、甲子学童クラブ、鵜住居学童クラブ、釜石学童クラブ、イオン
(3)参加者:釜石市内の小・中学校
(4)内容:夏休み中に地元の小学生、中学生、高校生に海の安全、海洋環境、航行技術、漁業、自然環境について学ぶ機会を提供した。このプログラムは提携先であるUWC Atlantic College (Wales)とUWC ISAK (Japan)の高校生と卒業生(大学生)が実行した。各学童へも赴き、多くの小学生にも指導した。


3.「AP家族で海の日」
(1)時期:2019年8月3日、4日、17日、18日、24日、25日(計6セッション)
(2)場所:釜石市根浜海岸
(3)参加者:岩手県内に住む家族
(4)内容:海の安全、海洋生物、海洋汚染をテーマとした家族向け体験型イベントを実施。ライフジャケット等の装備一式も準備し体験会も行った。
成果物 2019年度海と日本プロジェクト東日本大震災被災地にて子どもと海をつなぎ”安心安全”を学ぶ海のサマースクール事業チラシ一式
備考