日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海とゴミの食品ロス削減〜命を思いやる想像力を育てる〜(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,489位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:18
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 日本海老協会
団体名ふりがな にっぽんえびきょうかい
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥15,855,634
助成金額: ¥12,190,000
事業内容 海の恵みである魚たちにまつわる乱獲の問題やプラスチックごみ等海洋汚染の問題について啓発を図るため、以下の事業を実施した。

1.解剖学習会、料理教室
(1)時期:2019年9月14日
(2)場所:江東区・豊洲市場内の調理室
(3)参加者:親子90名(定員満席)
(4)内容:プロの料理人による一物全体をテーマとした魚の解剖及び料理教室の開催

2.講演会、勉強会等
(1)時期:2019年5月24日、6月21日、7月30日、8月30日、9月13日
(2)場所:江東区(3回)、中央区、港区
(3)参加者:延べ約150名
(4)内容:海のゴミとフードロス削減に向けた講演会、勉強会

3.フードロス削減&脱プラスチック屋台
(1)時期:2019年9月14日〜16日
(2)場所:江東区
(3)参加者:屋台(BBQ、キッチンカー、展示ブースを含む)85台、一般:約15,000〜20,000名、ゲスト:小池百合子、高橋英樹、平野レミなど
(4)内容:
a.バイオプラスチック製容器、ビン、カン、紙パック限定で実施。
b.出荷期限切れ(賞味期限内)の食材を活用。
c.ゴミステーションで分別収集・リサイクル促進。
d.「海ごみゼロウィーク〜みんなで海を守ろう〜」のバイオマスプラ製ゴミ袋を配布。
e.農水省、環境省、消費者庁の海ゴミ・フードロス削減の展示ブース誘致。
f.ゴミ削減のナレーション・メッセージ発信。
g.豊洲ぐるり公園のバーベキュー施設でバイオプラスチック製容器の配布・ゴミステーション設置。農水省、環境省、消費者庁の海ゴミ・フードロス削減に向けた展示ブース出展。
成果物 2019年度 トップシェフらの応援メッセージその2
2019年度助成事業進行報告書
2019年度「エビフェス!」(海のゴミと食品ロス削減)パンフレット
2019年度「エビフェス!」公式HP
2019年度「エビフェス!」告知動画
2019年度「エビフェス!」報告動画
2019年度 トップシェフらの応援メッセージその1
2019年度「エビフェス!」開催記念 小池百合子都知事へのインタビュー
備考