日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

勝浦の海を探求する実地体験プログラム(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,336位 (19,390事業中)
成果物アクセス数:32
更新日 : 2020年3月21日

注目度とは?

団体名 柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)
団体名ふりがな かしわのはさいえんすえでゅけーしょんらぼ
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,167,132
助成金額: ¥5,040,000
事業内容 都市部と地元の子ども達が勝浦という海を通じて交流し、伝統的な漁村への理解を深め、海の恵みに対する価値を改めて認識してもらうため、以下の事業を実施した。

1.事前説明会
(1)時期:2019年 a.6月2日(日) b.6月8日(土) c.6月9日(日)
(2)場所:a.松戸市民交流会館、南流山センター b.シェアキャンパス清海学園 c.柏の葉公園体育館会議室
(3)参加者:a.16名+保護者18名 b.2名+保護者3名 c.AM 35名+保護者38名 PM 43名+保護者51名
(4)内容:子供向けに科学の専門家が学習会を行った。並行して保護者向け説明会では、旅行に同行するスタッフが保護者と顔を合わせ、質疑応答を行った。

2.理科の修学旅行
(1)時期:2019年7月13日〜15日 
(2)場所:勝浦市至楽荘およびその周辺
(3)参加者:82名+スタッフ25名
(4)内容:異なる地域の子供達が生活を共にし交流することで、地域の特性を知り合い、海で起こる様々な自然現象を学び、参加者は自らテーマを決めて探求学習にも取り組んだ。

3.自由研究相談
(1)時期:2019年7月20日(土)〜8月24日(土)の土日
(2)場所:手作り科学館Exedra
(3)参加者:理科の修学旅行参加者のうち、希望者30名
(4)内容:自由研究で行き詰まっている部分について共に考え、研究の進め方を助言した。

4.自由研究コンテスト
(1)時期:2019年8月25日(日)
(2)場所:手作り科学館Exedra
(3)参加者:理科の修学旅行参加者のうち、参加可能なもの
(4)内容:自由研究の成果を発表し、優秀な発表は表彰した。
成果物 勝浦の海を探求する実地体験プログラム(海と日本2019) チラシ
勝浦の海を探求する実地体験プログラム(海と日本2019) ポスター
勝浦の海を探求する実地体験プログラム(海と日本2019) 動画
勝浦の海を探求する実地体験プログラム(海と日本2019) Webページ
備考