日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

雇用のセーフティネット・ハローワークや若者支援施策の価値拡充事業「ハローライフ構想」

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,170位 (19,743事業中)
成果物アクセス数:27
更新日 : 2020年10月17日

注目度とは?

団体名 HELLOlife
団体名ふりがな はろーらいふ
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥66,143,669
助成金額: ¥48,990,000
事業内容 1.公営住宅活用型就職支援事業拡大、ビジネス化
(1)時期:通年
(2)場所:大阪府四条畷市
(3)参加者:事業受益者(若者)44名、企業15社、自治体1
(4)内容:公営住宅の空き住戸を活用し、不安定な就業状況の若者を対象に住宅提供や参画企業とのマッチング等により、若者の自立を促進する事業
戸数拡大(11戸から30戸へ拡大)、スキーム構築、ニーズ調査、ノウハウ作成
2.地域資源活用型就業支援模索
(1)時期:2019年11月〜(a.2019年11月1日〜3日実施)
(2)場所:全国の寺や銀行、ルクア大阪、就業支援拠点ハローライフ
(3)参加者:行政機関、寺社関係者(24名)相談者(223名)就活生など。
(4)内容:企画提案、ヒアリング、ビジネスモデルの構築
a.地域拠点(お寺・商業施設等)を活用した就業支援事業。「お坊さんによる人生相談」を商業施設で実施
b.民間×行政資本のハイブリッド型就業支援拠点「ハローライフ」の水平展開準備
3.公営住宅PJの効果検証
(1)時期:通年
(2)場所:四條畷市
(3)参加者:事業受益者(若者、参画企業、自治体)
(4)内容:効果検証(外部評価)の実施、アウトカム評価の実施、レポート作成
成果物 2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/内定写真館
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/公営住宅活用型就職支援事業
2019年度「ハローライフ構想」/効果検証(公営住宅活用型就職支援事業)
2019年度「ハローライフ構想」
備考