日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

デジタルアートを活用した病児・障がい児のためのリハビリテーション「デジリハ」の普及

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,941位 (19,585事業中)
成果物アクセス数:5
更新日 : 2020年5月23日

注目度とは?

団体名 Ubdobe(ウブドベ)
団体名ふりがな うぶどべ
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥49,960,000
助成金額: ¥49,960,000
事業内容 1.アプリ開発、実証、配信準備
(1)時期:通年
(2)場所:医療施設(東京、千葉)
(3)対象:病児、障害児、リハビリ施設等 9ヵ所 30名以上
(4)内容:汎用性の高いアプリを対象となる子どもに効果検証しながら開発していく方法に変更した。アプリ13個の開発着手。また、それらアプリはネットではなく、プラットフォーム構築中。デジリハBASEベータ版が2020年7月リリース予定

2. 人材育成
(1)時期:通年
(2)場所:東京
(3)対象:関東近郊の子ども、福岡、東京、千葉のリハビリ専門職員
(4)内容:プログラミング教室を開校(毎週土曜日)し、キッズプログラマーの育成(9名)・アプリの制作を実施。また、DREと呼ばれる11名のリハビリ専門職の資格を持つプログラマーの育成・サポートを実施

3. 広報、啓蒙活動
(1)時期:通年
(2)場所:北海道、東京、神奈川、福岡、兵庫
(3)内容:学会への論文発表、イベント出展(キッズフェスタ、国際福祉機器展、ARS ELECTRONICA)
海外への出展は2021年以降に変更。
成果物 2019年度 アートミーツケア学会発表資料
2019年度 デジリハPV2019
2019年度 本事業での活動写真
2019年度 アプリ写真(個別アプリ1個、汎用性の高いアプリ12個)
2019年度 デジリハ説明会資料
2019年度 パンフレット(アンケートチラシ)5000部
備考