日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

社会的養護の当事者ユースリーダーの育成及び里親子相互支援パイロット事業の実施

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,416位 (19,732事業中)
成果物アクセス数:24
更新日 : 2020年9月19日

注目度とは?

団体名 インターナショナル・フォスターケア・アライアンス
団体名ふりがな いんたーなしょなる ふぉすたーけあ あらいあんす
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,139,379
助成金額: ¥4,080,000
事業内容 1.社会的養護の当事者ユースリーダーの育成
(1)場所:東京、静岡、福岡、関西
(2)内容:
a.当事者ユースリーダーのリクルート:年間を通じて、全国4チームでリクルート活動を展開
b.定例ミーティング、全国ユースリーダー合同会議の開催:年間を通じて、12回の定例ミーティングを開催し、ユースが中心になり、当事者リーダー育成のプログラムを作成
2.里親子相互支援(モッキンバードファミリーモデル)パイロット事業の実施及び効果測定
(1)期間:通年
(2)場所:札幌市・相模原市・東京都内・福岡市の4地域に、それぞれに1つから3つの「コンステレーション」と呼ばれる里親グループを形成して、年間を通じた養育と支援活動を行った
(3)内容:米国の里親支援のモデル導入のパイロット・プロジェクトを、上記の地域で実施し、モデル開発者とIFCAスタッフが作成した効果検証のためのツールをもとに、効果を測定した。
3.パイロット事業に係る報告会の開催
(1)時期:2019年8月24日・11月9日
(2)場所:東京都・福岡県
(3)参加者:各50名ほど
成果物 2019年度 インターナショナル・フォスターケア・アライアンス共催 第6回 日米ユースサミット 広報チラシ
2019年度 IFCA 全国ユースネットワーク事業「社会的養護の当事者ユースリーダーの育成」の成果
2019年度 里親子相互支援(モッキンバード・ファミリー)パイロット事業の進捗と成果報告
2019年度 里親子相互支援(モッキンバード・ファミリー)事業の報告会および研修会の開催とモデル広報活動にかんする資料
備考