日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

沖縄県うるま市における第三の居場所(B)の運営

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,356位 (19,701事業中)
成果物アクセス数:8
更新日 : 2020年8月8日

注目度とは?

団体名 沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい
団体名ふりがな おきなわせいしょうねんじりつえんじょせんたーちゅらゆい
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥28,020,000
助成金額: ¥28,020,000
事業内容 1.対象:対象の小学校を中心におおむね小学校1年〜3年生を中心に定員30名を受け入れた。
2.開設日:2019年4月1日〜2020年3月31日 月曜日から金曜日(平日5日開所) 
3.開所場所:沖縄県うるま市
4.開設時間:9:00から21:00
5.利用料:無料
6.事業内容:
〇送迎支援→学校から居場所までと居場所から自宅までの送迎
〇学習支援→学校の宿題や学習の補助を行った。 
〇生活支援→基本的な生活習慣の指導を行った。(入浴、歯磨きなど)
〇遊び支援→放課後を活用し、異年齢あそび、集団あそび、昔遊び、個別の遊び、動や静など個々の状況に合わせ活動し、情緒安定や自己効力感を満たす取り組みをした。
〇食事支援→夕飯の提供を行った。また作る、皆で食べる、片付けるなど食を通じて食事の楽しさを感じてもらった。また、バランスの取れた食事を提供することで、成長期に必要な栄養を補った。
〇地域連携→学校、地域住民、行政、子育て支援団体、企業、大学などと連携し子どもを多角的に見守り育てる地域を目指した。
成果物 2019年度沖縄県うるま市における第三の居場所(B)の運営
備考