日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

持続可能な海洋資源の保全と利用のためのKids ESDプログラム(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,882位 (19,390事業中)
成果物アクセス数:5
更新日 : 2020年3月21日

注目度とは?

団体名 おおいた環境保全フォーラム
団体名ふりがな おおいたかんきょうほぜんふぉーらむ
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,137,112
助成金額: ¥2,450,000
事業内容 大分県で持続可能な海洋資源の保全と利用のESDプログラムを提供するため、以下の事業を実施した。

1.ウミガメ保全調査体験プログラム
(1)時期:7月28日、10月21日、10月26日 計3回
(2)場所:間越渚の交番、はざこネイチャーセンター及び間越海岸
(3)参加者:小学生(20名/回)
 
2.海岸の環境調査体験プログラム
(1)時期:6月2日、7月13日、10月26日、11月17日 計4回
(2)場所:間越海岸及び周辺海岸計5ヶ所
(3)参加者:小学生(30名/回)
  
3.海プラアート制作プログラム
(1)時期:10月27日、11月16日 計2回
(2)場所:間越渚の交番交流館他
(3)参加者:大分県内の小学生(20名/回)

4.流木アート制作プロブラム
(1)時期:8月18日、9月15日 計2回
(2)場所:間越渚の交番交流館他
(3)参加者:大分県内の小学生(20名/回)

5.海ゴミ再生利用プロブラム
(1)時期:8月17日、9月14日 計2回
(2)場所:間越渚の交番・交流館他
(3)参加者:大分県内の小学生(20名/回)

6.海ゴミアート展の開催 
(1)時期:2019年6月から11月
(2)場所:佐伯市の各海岸を巡回して展示
成果物 2018年度持続可能な海洋資源の保全と利用のためのKids ESDプログラムチラシ
2018年度持続可能な海洋資源の保全と利用のためのKids ESDプログラムチラシ
2018年度持続可能な海洋資源の保全と利用のためのKids ESDプログラムポスター
2018年度持続可能な海洋資源の保全と利用のためのKids ESDプログラム成果物・イベント写真
2018年度持続可能な海洋資源の保全と利用のためのKids ESDプログラムポスター
備考