日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

NAGOYA Ocean Times〜子ども記者が海の情報を体験・発信〜(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,755位 (19,751事業中)
成果物アクセス数:8
更新日 : 2020年10月24日

注目度とは?

団体名 NAGOYA B-sideプロジェクト実行委員会
団体名ふりがな なごやびーさいどぷろじぇくとじっこういいんかい
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥24,500,000
助成金額: ¥19,600,000
事業内容 1.子ども新聞社設立
(1)時期:2019年7月23日〜25日
(2)場所:名古屋港水族館、名古屋海洋博物館、その他名古屋港周辺、新舞子マリンパーク
(3)参加者:137名
(4)内容:「NAGOYA Osean Time」という新聞社イベント参加した小学生たちと設立した。

2.新聞記者体験の実施
(1)時期:2019年7月23日〜25日
(2)場所:名古屋港水族館、名古屋海洋博物館、その他名古屋港周辺、新舞子マリンパーク
(3)参加者:137名
(4)内容:23日24日25日の計3回に分けてそれぞれの参加者にテーマに沿った体験イベントを実施。
中日新聞、読売新聞などの記者協力のもと、自ら体験した取材内容を新聞記事として作成した。

3.ポスター制作・配布
(1)時期:2019年9月25日以降順次
(2)場所:名古屋市の各小学校
(3)参加者:名古屋市の小学生
(4)内容:イベント3日間の内容をポスターにまとめたものを作成。作成したポスターを名古屋市と連携し名古屋市内の各小学校に配布した。

4.事業PR
(1)時期:2019年5月30日〜12月18日
(2)場所:東海エリア
(3)参加者:名古屋市および愛知県内の小学生
(4)内容:5月30日のイベント事前告知から12月18日の新聞取り上げまで、計16回の媒体露出を実施した。
B-side公式サイトで取材、掲載した。
成果物 2018年度NAGOYA Ocean Timesダイジェスト版
備考