日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海と日本プロジェクトin和歌山県(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:15,625位 (19,697事業中)
成果物アクセス数:5
更新日 : 2020年8月1日

注目度とは?

団体名 海と日本プロジェクトin和歌山県実行委員会
団体名ふりがな うみとにっぽんぷろじぇくといんわかやまけんじっこういいんかい
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥17,300,000
助成金額: ¥17,300,000
事業内容 和歌山県で海に関する様々な取り組みを可視化し、多様なキーパーソンと連携しながらプロジェクトのムーブメント化を図るため、以下の事業を実施した。

1.海を学び未来に伝える〜わかやま海守り隊〜の実施
(1)時期:2019年8月19日〜20日
(2)場所:和歌山市加太海水浴場・友ヶ島
(3)参加者:21名(小学生 5年13名、6年8名)
(4)内容:友ヶ島の環境や一番の課題(都市部からの海洋ごみ)を調査、またごみが生物に与える影響を学習し、自分事としてごみ削減を考えた。加太の海苔加工工場の見学・学習、加太海水浴場でライフセーバーによる安全教室を体験。その後2日間に感じた地元の海への思いを和歌で表現。作品は地元紙、JR和歌山駅などで掲出。またランチョンマットを制作し飲食店で使用。

2.コラボイベントの展開
(1)時期:2019年5月〜2020年2月
(2)場所:和歌山市
(3)参加者:a.16名 b.1097名
(4)内容:全国展開を行う事業と連動し県内他で実施(4個)
a.さばける塾
b.CHANGE FOR THE BLUE(海ごみゼロアワード・海ごみゼロウィーク)海ごみ拾い
c.海洋連盟「うみぽす」
d.海と日本ニュースプロジェクト2019

3.海応援動画等の制作
(1)時期:2019年3月5日〜2020年2月11日
(2)収録場所:和歌山県下他
(3)内容:22の活動を取材し応援動画(約2分)を22本制作・テレビ和歌山で放送

4.プロジェクト訴求映像の制作・放送
(1)時期:2019年7月1日〜9月30日
(2)内容:海と体験する機会(海の日街頭インタビュー)、海のそなえ、海ごみ対策の15秒動画を3本制作、テレビ和歌山で624回放送

4.ニュースサイトの運営
(1)時期:2019年4月3日〜10月28日
(2)内容:63の取組みをニュース記事で発信
成果物 2018年度「海と日本プロジェクトin和歌山県」(海と日本2019) 事業成果報告
備考