日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

マイクロプラスチックの海洋流出を防ぐための調査・啓発・食育(海と日本2018)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,352位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:29
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 ピリカ
団体名ふりがな ぴりか
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,547,894
助成金額: ¥2,830,000
事業内容 関東・関西圏の主要な河川から流出するマイクロプラスチックの量や要因を明らかにし、結果を広く公開すると共に、青少年向けを中心とした啓発教育を行うことで問題を抑止することを目的として以下の事業を実施した。
1.マイクロプラスチック回収の実施
(1)時期:2018年5〜9月
(2)場所:関東・関西の河川・港湾から計18箇所、ピリカ事務所
(3)参加者:事務局、アルバイト、ボランティア 計10人
(4)内容:河川から水と浮遊物が入り混じった懸濁液を採取
2.マイクロプラスチック分析の実施
(1)時期:2018年6〜10月
(2)場所:東京都産業技術センター、東京工業大学、(株)ミヨシ等
(3)参加者:事務局、アルバイト、ボランティア 計10人
(4)内容:濾過、プラスチックらしき破片の取り出し等を通じて懸濁液に含まれるプラスチックを分析
3.調査結果の見える化
(1)時期:2018年8月〜10月
(2)場所:ピリカ事務所、日本財団
(3)参加者:事務局、アルバイト、ボランティア、委託、記者発表会参加者 計26人
(4)内容:調査結果を見える化するWEBサイトの開設、メディアへの情報提供、記者発表会の実施
4.啓発と食育の実施
(1)時期:2018年7〜9月
(2)場所:恵比寿じもと食堂、コープこうべ学童保育Terakoya
(3)参加者:事務局、ボランティア 計6人
恵比寿じもと食堂(1回平均25人×4回)コープこうべ学童保育Terakoya(子供と大人計35名)
(4)内容:魚が汚染される問題やごみを捨てないこと、拾うことの大切さを伝える
成果物 2018年度 マイクロプラスチック等 浮遊状況データベース
2018年度 国内外の河川/港湾におけるマイクロプラスチック等の浮遊状況調査報告書
2018年度 事業実施期間を通してのWEB等閲覧実績(PV等実績の合計)報告書
2018年度 実施した事業が掲載された主なメディア一覧報告書
備考