日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海の“陸養”プロジェクト(海と日本2018)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,214位 (19,665事業中)
成果物アクセス数:24
更新日 : 2020年7月4日

注目度とは?

団体名 “陸養”プロジェクト実行委員会
団体名ふりがな りくようぷろじぇくとじっこういいんかい
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥29,960,000
助成金額: ¥29,960,000
事業内容 子供たちが海や生命の魅力、地域との繋がりや課題について学び、解決に向けた行動のきっかけとするため以下の事業を実施した。

1.市町長が記者発表
(1)時期:2018年8月〜
(2)場所:青森、富山、愛媛、長崎
(3)内容:陸養プロジェクトのキックオフとして各地で水槽設置式もしくはお魚受け入れ式時に、各地の陸養プロジェクトを実施する市町村長が記者発表を実施。各地元のメディア誘致を図り、大々的にPRした。

2.陸養プロジェクトの実施
(1)時期:8月〜2019年3月
(2)場所:
a.青森(成育魚種:ヒラメ)
b.東京(成育魚種:クエ)
c.富山(成育魚種:サクラマス)
d.愛媛(成育魚種:ヒラメ)
e.長崎(成育魚種:クエ)
(3)参加者:計247名(各5年生児童・学校の先生)
(4)内容:
学校内に水槽(陸養プロジェクト専用キット)を設置し「水槽設置式」にて養殖についての授業を実施した。また、稚魚を水槽に入れ、成育方法についての授業を実施し、成育の観察日記をつけた。
専門家による座学やを実施し、地元の海洋環境や魚の生態を学んだ。中間発表では児童がまとめた成育過程を校内で発表した。2019年2月には自分で育てた魚について今後どのようにするか議論し、「最終結論の授業」を実施し、終了式では、水槽解体授業を行い養殖の環境汚染に関わる課題を学んだ。
成果物 2018年度陸養プロジェクト公式HP
陸養プロジェクト2018ポスター
陸養プロジェクト2018オリジナルツール
備考